トップページ > 最新情報 > アプリ開発に便利なSF Symbolsに750種類の新しいアイコンが追加
2020年6月25日 18時27分

読了まで 150

アプリ開発に便利なSF Symbolsに750種類の新しいアイコンが追加

sf symbols


 
SF Symbolsは、アプリ内でよく使用されるアイコンのベクター画像として提供されるものですが、Appleは新たに750種類のアイコンが追加された「SF Symbols 2」を発表しました。

アイコンを自分好みに編集することも可能

SF Symbolsは、Appleが提供するSan Franciscoというフォント内に含まれており、AppKit、UIKit、macOSのSF Symbolsアプリの中でも使用できます。
 
SF Symbols 2では、デバイス、ヘルスケア、交通など、750種類の新たなシンボルが加わりました。
 
シンボルはベクター画像として提供されているため、ベクターグラフィックソフトウェアを使用して、自分の好みの形に変化させることも可能です。
 
750種の新たなシンボルは、iOS14、iPadOS14macOS Big Surのベータ版で利用可能となっています。

SF Symbolsは2019年にデビュー

SF Symbolsは、2019年のWWDCで初公開されました。1,500種類から始まったSF Symbolsは、今では2,400種以上利用できます。
 
sf symbols
 
SF Symbolsの使い道はさまざまで、ナビゲーションバー、タブバー、コンテキストメニュー、ウィジェットなどで使用できます。
 
SF Symbolsは、iOS13以降、macOS11以降、watchOS6以降、tvOS13以降で利用可能となっています。
 
 
Source:Apple [1], [2] via AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる