トップページ > Mac > Apple、「macOS Big Sur」発表!Safariを大改良、全体を機能強化
2020年6月23日 05時01分

読了まで 235

Apple、「macOS Big Sur」発表!Safariを大改良、全体を機能強化

macOS Big Sur


 
Appleは、Mac向け次世代OS「macOS 11.0 Big Sur」(ビッグサー)を発表しました。macOS Big Surは、Safariを大幅に改良する他、「マップ」、「メッセージ」の機能強化も伴う、Mac OS X導入以来最大のアップグレードになるとアナウンスされています。

macOS Big Sur概要

macOS Big Sur
 
Appleは、現地時間6月22日に開幕した世界開発者会議(WWDC 2020)の基調講演で、macOS 11.0 Big Surを発表しました。macOS Big Surはモダンでクリーンな外観を持ち、Safariの大改良やメッセージ、マップなどの主要なアプリ機能強化が行われるほか、iOSやiPadOSと同様の新しいプライバシー機能を導入します。

Dockの改良、コントロールセンターの搭載

macOS Big Sur control center
 
macOS Big Surでは、DockアイコンにiOSなどと一貫性をもたせたデザインを採用しています。
 
メニューバーはカスタマイズ可能で、新しいコントロールセンターも搭載されており、必要な情報に素早くアクセス出来るようになります。
 
macOS Big Sur Widget
通知センターは、ウィジェットが導入され、関連性の高い情報をひと目で認識できるように改良されています。

「Safari」を大幅に改良

macOS Big Sur Safari6
 
macOS Big Surに搭載されるSafariは、2003年の登場以来最大となる改良が実施されます。
 
macOS Big Sur Safari1
 
新しいSafariの表示スピードは、Chromeより50%高速です。タブ表示も改良されており、多くのページを開いた状態でも、Faviconにカーソルを合わせればクイックページビューが表示されることで、何のページなのか容易に確認出来ます。
 
macOS Big Sur Safari3
 
macOS Big Sur Safari4
 
新しいSafariは、翻訳機能を内蔵しており、7つの言語から選択してウェブページ全体を翻訳、表示させることが可能です。
 
macOS Big Sur Safari5
 
拡張機能はApp Storeから追加でき、その動作をいつ、どのWebページで使用するかユーザーが選択できます。

メッセージ

macOS Big Sur memoji2
「メッセージ」は、Memojiを使用したカスタマイズに対応する他、バルーンや紙吹雪効果を追加するなど、カスタマイズ可能な範囲が広がっています。
 
macOS Big Sur message group
 
また、グループメッセージ機能では、写真や絵文字をメンバー全員で共有することができます。

マップの改良

macOS Big Sur map2
 
macOS Big Surでは「マップ」も再設計されています。電気自動車(EV)や自転車での移動に最適化されたルート案内をMacで作成し、iPhoneに転送することも可能です。

プライバシーの重視

macOS Big Sur Privacy
 
macOS Big Surはプライバシーを重視した開発がなされており、ユーザー自身によるデータ提供範囲の設定や、データ利用時の透明性を明確にします。
 
アプリが取得する位置情報および、それがアプリ利用目的以外の第三者にも提供されるのかを、ダウンロードする前に確認できるようになります。
 
 
Source:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる