【速報】iOS14/iPadOS14発表!iPhoneが車の鍵になる機能など追加

    WWDC2020 iOS14

    WWDC2020 iOS14
     
    Appleは、現地時間6月22日に開催した世界開発者会議(WWDC 2020)で、iPhone用の新OS「iOS14」とiPad用の「iPadOS14」を発表しました。iPhoneを車の鍵として利用できる「Car Key」や、アプリをインストールしなくても使える「App Clip」などの新機能が追加されます。

    名称は「iOS14」「iPadOS14」

    iOS14については、名称が「iPhoneOS14」になるのではないか、との噂もありましたが、従来と同様の「iOS14」として発表されました。同時に、iPadOS14も発表されています。

    ウィジェット機能で情報にアクセスしやすく

    iOS14では、ホーム画面で天気予報などの機能を使いやすくなるウィジェット機能が強化されます。
     
    WWDC2020 iOS14
     
    アプリを自動で整理し、必要な情報量に応じてサイズを変更可能になります。ウィジェットをホーム画面に移動し、アプリと並べて表示することもできます。
     
    時間帯に応じて表示内容を切り替える「スマートスタック」も利用可能です。
     
    このほか、動画を再生中にも他のアプリが使える「ピクチャ・イン・ピクチャ」も提供されます。

    iPhoneが車の鍵になる、安全に共有も可能

    iOS14では、iPhoneのU1チップを使って車のドアのロックを解除し、エンジンを指導できる「Car Keys」機能が提供されます。
     
    鍵の情報は、iPhoneの顔認証や指紋認証の情報と同様、暗号化されて安全に保存されます。
     
    家族や友人と車を共有するには、iMessageで権限を指定して共有できます。
     
    WWDC2020 iOS14
     
    Car Keyは、7月に発売されるBMWの新型5シリーズでは、iOS14の正式版公開前に利用可能となります。
     
    WWDC2020 iOS14
     

    アプリをインストールせずに使える「App Clip」

    iOS14では、お店での支払いなどの時に専用アプリをインストールしなくても、アプリの機能が利用できる「App Clip」が利用可能になります。
     
    WWDC2020 iOS14
     
    「Appleでサインイン」の利用とApple Payでの支払いが可能なので、個人情報を登録しなくてもアプリが利用可能になります。
     
    「App Clip」対応のアプリは、Webページやメッセージ、マップなどから開けるほか、QRコードから呼び出すことも可能です。
     
    WWDC2020 iOS14
     

    Siriや電話の着信が控えめに

    これまで、Siriを呼び出した時や、電話の着信時は通知が全画面を占領していました。
     
    iOS14では、Siriが画面下にアイコンとして控えめに表示され、着信の通知は画面上部にコンパクトに表示されます。
     
    WWDC2020 iOS14
     
    着信のコンパクトな通知は、電話のほか、Skypeなどのアプリにも対応します。
     
    WWDC2020 iOS14
     

    iPadOS14では手書き認識が高度化

    iPadOS14では、Apple Pencilによる手書き入力が「スクリブル」として進化します。
     
    手書き文字を自動でテキスト認識することにより、タイプした文字と同様にWeb検索やコピー&ペーストして利用できます。
     
    WWDC2020 iPadOS14
     
    デモンストレーションでは、英語と中国語が混在したメモで、両言語を識別する様子も紹介されていました。

     
     
    Source:Apple (iOS14, iPadOS14)
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次