トップページ > 最新情報 > WWDCでのAirTags発表は確実?仕様の一部も判明か
2020年6月18日 04時41分

読了まで 221

WWDCでのAirTags発表は確実?仕様の一部も判明か

AirTags


 
6月22日に開幕するAppleの世界開発者会議(WWDC 2020)で発表見込みの紛失防止タグ「AirTags」の仕様の一部が、iOS14初期ビルドの解析から明らかになりました。iOSデベロッパのあおいカニ氏(blue_kanikama)が発見、Twitterに投稿しています。

AirTagsはUWB対応のR1チップを搭載

あおいカニ氏によると、AirTagsは超広帯域無線通信(UWB)対応のAppleカスタムチップ「R1」を搭載するとのことです。R1チップはAirPodsのW1チップやH1チップと同様、iPhoneやiPadと同期可能なようです。
 
また同氏は「Find My Tag」という名称の、新しいアプリも発見しています。iPhoneでこの「Find My Tag」アプリを使い、AirTagsをつけたものを探す、という使い方になるのかも知れません。
 

他の人との共有が可能

さらにAirTagsは、近距離無線通信規格NFC対応で、音が鳴り、他の人との共有も可能(人数に上限あり)とのことです。音が鳴るというのは、「探す」アプリの「デバイスを探す」にある「サウンドを再生」に対応する、ということでしょうか。
 

ARに対応、将来的にはARメガネでも利用可能に?

またAirTagsは、ARにも対応するようです。あおいカニ氏はこのコンセプト画像も公開しています(キーボード上にAppleロゴ入りのタグが載っているのが見える)。
 
AirTags コンセプト
 
またARに対応するということは、近い将来発売が期待されるAppleメガネでも使えるようになるのではないか、とあおいカニ氏は述べています。
 
iOS14macOS 10.16watchOS7などの各OS、およびAirTagsを含む新しいハードウェアの発表が期待されるWWDC 2020は、AppleのWebサイト、「Apple Developer」アプリ、Apple TV、YouTubeなどで配信されます。

 
 
Source:あおいカニ via AppleInformed
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる