トップページ > 最新情報 > macOS 10.16の名称候補はこれら3つの登録済み商標から選択か
2020年6月17日 00時35分

読了まで 159

macOS 10.16の名称候補はこれら3つの登録済み商標から選択か

macOS10.16 3
 
macOS 10.16の名称は、Appleが商標登録し、有効期限を延長し続けてきた、「Mammoth(マンモス)」、「Monterey(モントレー)」、および「Skyline(スカイライン)」の中から選ばれるのではないかとMacRumorsが伝えています。

4つ存在した商標登録

macOS10.16 2
 
MacRumorsは、新しいmacOSの名称を推察するためWWDC 2019開催時に、米国特許商標庁(USPTO)での商標登録状況を調べたようです。結果、同メディアは、「Mammoth」、「Monterey」、「Skyline」および「Rincon(リンコン)」の商標登録が有効であることを確認していたとのことです。
 
商標登録されたものは登録日から36カ月間有効とされ、その間でも6カ月毎に更新手続きを行う必要があるようです。

本命は3つの中のどれかか

macOS10.16 1
 
MacRumorsは1年前の時点でまだ有効だった4つの商標登録のうち、「Rincon」は2019年9月に商標登録延長手続きが行われなかったことから、この名称は放棄されたようだと報じています。
 
その場合、残る名称候補は「Mammoth」、「Monterey」、「Skyline」の3つとなります。

既存ネーミングと関連あるものの可能性も

ただし、同メディアは「シエラ」が「ハイシエラ」に変わったように、現行の名前、「カタリナ」と関係する名称になる可能性も考えられるとしており、その場合は「Channel Islands(チャネル・アイランド:カタリナ島が属するチャネル諸島)」や、「Avalon(アバロン:カタリナ島で唯一の都市)」はどうだろうかと伝えています。
 
macOS10.16の名称はmacOS Redwood(レッドウッド)との予想も伝えられています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Forbes, gabstur/Instagram
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる