トップページ > 最新情報 > 「Apple WatchへのミニLED」やはり間違い〜著名リーカーの真似?に批判の声
2020年6月16日 02時42分

読了まで 36

「Apple WatchへのミニLED」やはり間違い〜著名リーカーの真似?に批判の声

sorry message
 
「Apple WatchへのミニLEDバックライト搭載ディスプレイ」を伝えていたApple RUMORs (LEAKS)氏ですが、これも間違いだったようです。同氏はプロッサー氏のツイートに追従していますが、他のTwitterユーザーからは批判(呆れ声)のコメントも投稿されています。

iPhone13情報に続いてまた「間違い」

同氏のiPhone13にはミニLEDバックライト搭載ディスプレイが搭載されるとのツイートには、「OLEDからダウングレードするというのか。この情報は間違っている」、など、疑問視するリプライが複数寄せられましたが、「いや、消費電力低減という点で、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイも考え得る」というリプライもあり、Twitterユーザー間でも成り行きが注目されました。
 
Apple RUMORs (LEAKS)氏はわずか2日後に、「謝ります。皆さんが言っていた通り、私が間違っていました。正しくはマイクロLEDでした」と訂正していました。
 
今回のApple Watchでの間違いは、これに続くものです。
 


 

予想通り?著名リーカーのツイートに反応

Apple RUMORs (LEAKS)氏はジョン・プロッサー氏の、折りたたみ式iPhoneのツイートに反応し、「私もこれと同じことを知っています」とツイートしましたが、これに対して、「何故、多くの人はプロッサー氏の意見を信じるのか、その理由は彼は他のリーカーと同じことを言わないし、知っていましたとも言わないからだ」との手厳しいコメントが寄せられています。
 


 
Apple RUMORs (LEAKS)氏にはこれまで、「他のリーカーの情報を、自身のリーク情報のように伝えているだけだ」との声があっただけに、「今回もまたか」と、このコメントを寄せたTwitterユーザーは感じたのかもしれません。
 

LED業界専門メディアはマイクロLED搭載を予想

LED情報専門メディアであるLEDinsideは、2021年モデル以降のApple Watchで、マイクロLEDディスプレイが搭載される可能性を予想していました。
 
 
Source:Apple RUMORs (LEAKS)/Twitter (1), (2), (3)
Photo:イラストマンション
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる