トップページ > 最新情報 > Apple Watch Series 7はミニLED移行で薄型化に逆行か?
2020年6月15日 02時01分

読了まで 310

Apple Watch Series 7はミニLED移行で薄型化に逆行か?

Apple Watch Series 7_EAP


 
Apple Watch Series 7の5G対応は中止となったと、Apple RUMORs (LEAKS)氏が伝えています。また、同氏はApple Watch Series 7のディスプレイは、OLEDではなく、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイになると伝えていることから、そうなった場合、ディスプレイ部が厚くなる可能性がありそうです。

Apple RUMORs (LEAKS)氏の情報

Apple RUMORs (LEAKS)氏が、Apple Watch Series 7での5G対応は中止になったことを、5月1日のツイートを引用して伝えています。
 


 
同氏は、5月1日の投稿で、Apple Watch Series 7は5Gと互換性があると伝えていました。

ミニLEDバックライト搭載ディスプレイへの移行は継続

micro led 2
 
Apple RUMORs (LEAKS)氏は同じツイートの中で、Apple Watch Series 7のミニLEDバックライト搭載ディスプレイの採用、デジタルクラウンへのTouch ID搭載も予想していました。
 
同氏は、iPhone13(2021年モデル)も、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイを採用すると投稿していましたが、その後、マイクロLEDディスプレイの間違いだったと訂正していました。
 
同氏の情報が正しければ、薄型化に有利とされるマイクロLEDディスプレイはiPhone13(2021年モデル)に搭載されるが、Apple Watch Series 7はミニLEDバックライト搭載ディスプレイとなることから、同製品は厚くなるか、ディスプレイパネルが厚くなる分、バッテリーが縮小されることも考えられます。

薄型化で不利なミニLEDに挑戦か!?

micro led 4
 
LED関連の専門メディアである台湾LEDinsideは、「Apple Watch Series 7はAppleデバイスとして初めて、マイクロLEDディスプレイを搭載する可能性が高い」と予想しています。
 
ミニLEDバックライト搭載ディスプレイは、既存の液晶ディスプレイの改良版として、表示品質を向上させるものだと、LEDinsideや、What’s IF?は解説しています。
 
対して、マイクロLEDディスプレイは、バックライトの改良であるミニLEDバックライト技術とは異なり、OLEDの次世代技術の1つとして、先行研究開発が行われているものです。Appleも、2014年にマイクロLED技術を持つLuxVue Technologyを買収するなど、この技術に強い関心を示しています。
 
マイクロLEDディスプレイは、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイと比較した場合、カラーフィルターや液晶シャッターが不要で薄型化が容易です。OLEDも同様に、液晶シャッターが不要な分、ディスプレイパネルを薄型化出来ます。

マイクロLED量産化と、OLEDパネル調達コスト削減に難渋か

display ttech comparison
 
Apple Watch Series 7がOLEDから、薄型化に不利なミニLEDバックライト搭載ディスプレイに移行するとすれば、OLEDパネルの高い調達コスト削減が目的か、マイクロLEDディスプレイの量産化に難渋していることによる採用断念の可能性があるのかもしれません。
 
Apple RUMORs (LEAKS)氏からの続報が期待されます。
 
SONY Micro LED
 
マイクロLEDディスプレイは現在、SONYの「Crystal LEDディスプレイシステム」や、Samsungの「The Wall」がありますが、どちらも100インチを優に超える巨大なサイズでの提供となっており、各社が小型化に向けた研究開発を進めています。
 
 
Source:Apple RUMORs(LEAKS)/Twitter, LEDinside, What Hi-Fi?, SONY, Samsung
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる