2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone12のノッチは想像よりもかなり小さいかも〜バッテリー%表示も復活か!?

    iPhone12 front camera housing 02

    iPhone12 front camera housing 02
     
    iPhone12小型化されると噂のノッチ(フロントカメラハウジング)について、iPhone11 Proのものとを重ね合わせたレンダリング画像が公開されました。このスケーリングが正しければ、iPhone12のノッチは思っていたよりも小さくなりそうです。

    リーク情報に基づき作成されたレンダリング画像

    モックアップやコンセプト画像製作を手がけるマックス・ルードバーグ氏が、ジョン・プロッサー氏のリーク情報に基づき作成したとする、iPhone12ノッチに注目したレンダリング画像を公開しました。
     


     
    ルードバーグ氏は、iPhone11 Proの5.8インチディスプレイにあわせたスケーリングを行っています

    リーク情報のベゼルサイズにあわせた画像

    iPhone12 front camera housing 04
     
    ルードバーグ氏が公開したレンダリング画像のベゼル部は、iPhone11 Proのものです。同氏のツイートに、グラフィックデザイナーのリチャード・M氏が、iPhone11 Proよりも細くなると噂されるiPhone12 Proのベゼルサイズにあわせた比較用画像を投稿しています。

    ノッチは33%小さくなるとの噂

    iPhone12 front camera housing 01
    iPhone12 Proのノッチの実寸は、iPhone11 Proと比べて33%小型化すると噂されています。
     
    iPhone12 ProはディスプレイサイズをiPhone11 Proの5.8インチから6.1インチに約5%拡大、ノッチは33%小型化するとすれば、ディスプレイの横幅に対してノッチが占める割合は「約35%縮小」すると試算されます(ディスプレイサイズは横幅ではなく対角長なので、この試算結果には誤差が含まれます)。
     
    iPhone11 Proと比べて3分の2まで小型化されたノッチが与える視覚的効果は、想像以上に大きそうです。

    表示領域拡大で、バッテリーの残量%表示も復活!?

    iPhone12 front camera housing 05
     
    ルードバーグ氏は、「ノッチが小さくなればステータスバーの表示領域が拡大するだろう」とし、サイレントモードアイコンが追加された画像も公開しています。
     
    ステータスバーの表示領域が広がれば、iPhone X以降で常時表示出来なくなった、バッテリーの%(残りパーセント)表示の復活も期待できそうです。

    2021年以降のiPhoneのノッチはどうなる?

    「iPhone13にはミニLEDディスプレイが搭載される」と伝えた後に、マイクロLEDだったと間違いを訂正したApple ROMORs (LEAKS)氏は、「2021年モデルのiPhone13はノッチを廃止することを計画している」と伝えていますが、有没有搞措(@L0vetodream)氏は、「今後数年間は、小さいノッチが残る」と予想しており、ノッチがどうなるのか注目されています。

    iPhone SE(第2世代)よりも小さいiPhone12

    iPhone12 lineup
     
    iPhone12シリーズにラインナップされると噂の5.4インチモデルは、iPhone SE(第2世代)よりも小さくなると予想されています。リーク情報に基づき作成された各モデルのスケーリング画像を、Apple Hub(@theapplehub)氏が公開しています。
     
     
    Source:Max Rudberg(@maxrudberg)/Twitter
    Photo:Apple Hub/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次