トップページ > 最新情報 > iPhone13、 6,400万画素+シネマスコープ映像撮影用レンズを搭載か
2020年5月28日 09時54分

読了まで 229

iPhone13、 6,400万画素+シネマスコープ映像撮影用レンズを搭載か

iPhone13 EAP Touch ID 2021


 
iPhone13シリーズのコードネームは「D6x」になるとの予想を伝えたFudge(@choco_bit)氏が、今度は同モデルのカメラに関する情報をTwitterに投稿しました。

アナモフィックレンズ(2.1:1)を搭載

Fudge(@choco_bit)氏によれば、iPhone13には、6,400万画素カメラセンサーとシネマスコープ映像撮影用のアナモフィックレンズ(2.1:1)の組み合わせや、LiDAR 4.0が搭載される可能性があるとのことです。
 


 
アナモフィックレンズとは、動画撮影時に横方向を約1/2に圧縮・縮小し、動画再生時に元のサイズに伸長することで、横長のシネマスコープ映像を得るためのレンズです。
 
同氏の予想によれば、iPhone13のアナモフィックレンズは、1/2.1に圧縮・縮小するようです。

iPhone13シリーズのカメラスペック

Fudge(@choco_bit)氏はアナモフィックレンズだけではなく、コードネームD6x(iPhone13)シリーズのカメラスペックについて、下記の予想も伝えています。
 

  • 6,400万画素センサーと広角1倍の光学ズーム
     6倍のデジタルズーム
  • 4,000万画素センサーと3倍〜5倍の光学ズーム
     15倍〜20倍のデジタルズーム
  • 4,000万画素センサーと0.25倍の超広角光学ズーム
  • LiDAR 4.0
  •  
    同氏は別のツイートにて、iPhone13のプロトタイプのものというリアカメラのデザインも投稿しています。
     


     
    Fudge(@choco_bit)氏は、iPhone13シリーズのコードネームと充電方式に関する予想も伝えていました。
     
     
    Source:Fudge(@choco_bit)/Twitter (1), (2)
    Photo:EverythingApplePro/YouTube
    (FT729)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる