2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Macメッセージアプリ、近くCatalyst版へと変更か〜iOS14コードから判明

    mac メッセージアプリ アイコン

    mac メッセージアプリ アイコン
     
    流出したiOS14のコードから、macOSのメッセージアプリをCatalystバージョンへと変更すべく、Appleが開発を進めている証拠が見つかりました。米メディア9to5Macが報じています。

    メッセージアプリのCatalyst版が見つかる

    iMessageには2011年以来、エクステンション、アニ文字やミー文字のステッカー、各種エフェクトなど、さまざまな新機能が追加されています。しかしこれらの機能はmacOSのメッセージアプリでは使えず、同アプリでは現在も基本的なメッセージのやり取りしかできません。
     
    しかし流出したiOS14のコードから、メッセージアプリのCatalyst版が見つかったと、9to5Macが伝えています。つまり、iOSおよびiPadOSのメッセージアプリと同じ機能(ステッカーやエフェクトなど)が、Macでも利用可能になるということです。

    ネイティブMacアプリがiOS版に置き換えられた例はなし

    Catalystを利用することにより、既存のiOS/iPadOSアプリをベースにして、ネイティブのMac用アプリを開発できるようになりました。AppleはすでにMac向けに、ボイスメモ、Podcast、株価などのCatalystアプリを提供していますが、ネイティブのmacOSアプリがiOS版で置き換えられた例はありません。
     
    iTunesアプリはmacOS Catalinaへのアップデートとともに、「ミュージック」「Podcast」「TV」の3つの新しいアプリで置き換えられましたが、ミュージックアプリは今もネイティブのMacアプリのままです。

    次期macOSで導入か

    ここ数年ほぼ放置されているMac用メッセージアプリは、Catalyst版で置き換えるのにぴったりだと9to5Macは述べています。またiPhone、iPad、Macで共通のメッセージアプリが使用できれば、利便性も高くなります。
     
    Catalyst版メッセージアプリは、6月にオンライン開催される世界開発者会議(WWDC 2020)にて発表見込みの次期macOSで導入される見通しです。WWDC2020では、iOS14を始めとする各種OSのほか、AirTagsオーバーイヤーヘッドホン(AirPods Studio)などの、新しいハードウェアの発表も期待されています。

     
     
    Source:9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次