トップページ > iPhone SE(第2世代) > iPhone SE(第2世代)とiPhone8/11/XR/SEの速度比較動画
2020年4月29日 10時01分

読了まで 458

iPhone SE(第2世代)とiPhone8/11/XR/SEの速度比較動画

iPhone SE(第2世代) 動作速度 比較 
iPhone SE(第2世代)と、同じ外観のiPhone8、同じCPUを搭載するiPhone11、約4年前のモデルとなったiPhone SE(第1世代)、現在も併売されているiPhone XRとの動作速度を比較した動画が公開されました。

iPhone SE(第2世代)と4モデルの動作速度を比較

iPhone SE(第2世代)と、iPhone XR、iPhone11、初代のiPhone SE、そして外観は同じiPhone8で、電源オフからの起動、アプリなどの動作速度、ベンチマークスコアを比較した動画を、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。
 
なお、同チャンネルは先日、iPhone SE(第2世代)とiPhone8のバッテリー持続時間の比較動画を公開しています。

 

iPhone XRとの比較

最初は、現在もApple公式サイトでの販売が継続されているiPhone XRとの比較です。
 
2018年発売のiPhone XR(左)は、現在もApple公式サイトで販売が継続されているモデルです。搭載するチップはA12です。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
どちらも最新バージョンiOS13.4.1がインストールされていますが、先日公開されたiPhone SE(第2世代)用のiOS13.4.1は、ビルド番号が異なります。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
電源オフからの電源投入は、ほとんど同時で、差はありませんでした。
 
各種アプリの起動・動作速度、Siriを呼び出しての反応速度でも、両モデルの差はほとんどみられません。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
iMovieでの4K動画書き出し時間は、iPhone SE(第2世代)が39秒、iPhone XRが39.5秒と、大きな差はつきませんでした。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
「Geekbench 5」のテスト結果では、iPhone XRがシングルコア1,115、マルチコア2,389に対し、iPhone SE(第2世代)はシングルコア1,336、マルチコア3,081と、最新鋭のA13プロセッサを搭載するiPhone SE(第2世代)のスコアが高く出ています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
「Antutu」のベンチマークスコアは、iPhone XRが43,716、iPhone SE(第2世代)が50,269と、iPhone SE(第2世代)が15%ほど高いスコアを記録しました。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone XR 比較
 
iAppleBytesは、「iPhone XRの大きさと重さが苦手でなければ、違いはプロセッサだけであり、iPhone SE(第2世代)に買い替える理由はない」とコメントしています。

 

iPhone11との比較

続いて、同じA13プロセッサを搭載するiPhone11との比較です。
 
ただし、iPhone SE(第2世代)のA13プロセッサはRAMが3GBと、iPhone11シリーズの4GBよりも少ないことが分かっています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
電源オフからの電源投入は、iPhone SE(第2世代)のほうが若干早いです。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
各種アプリの起動・動作、Siri呼び出しの反応時間でも、ほとんど差は見られません。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
iMovieでの4K動画書き出し時間は、iPhone11、iPhone SE(第2世代)ともに39秒で、差はつきませんでした。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
「Geekbench 5」のベンチマークスコアは、iPhone11が、マルチコア3,421とiPhone SE(第2世代)の3,083を上回り、RAM容量による差が出ています。一方、シングルコアではほとんど差がありません。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
「Antutu」のベンチマークスコアは、iPhone11が50,973、iPhone SE(第2世代)が50,503と、iPhone11のスコアが高く出ています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone11 比較
 
iPhone11との比較結果についてiAppleBytesは、「iPhone11の大きさと重さが苦痛というのでなければ、ダウングレードに相当するiPhone SE(第2世代)に買い替える理由はまったくない」とコメントしています。
 

iPhone SE(第1世代)との比較

続いて、2016年に発売され、A9プロセッサと2GBのRAMを搭載するiPhone SE(第1世代)との比較です。
 
電源オフからの電源投入には、iPhone SE(第2世代)のほうが時間がかかっています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代) 比較
 
各種アプリの起動・動作速度は、iPhone SE(第2世代)のほうが全体的に画面表示にかかる時間が短いのが分かります。ただし、iPhone SE(第1世代)もひどく待たされると感じるほど遅くはありません。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代) 比較
 
iMovieでの4K動画書き出しにかかった時間は、iPhone SE(第2世代)の39秒に対して、iPhone SE(第1世代)は81秒と、約2倍の差がつきました。
 
ちなみに、iPhone SE(第1世代)のカメラで4K動画の撮影はできませんが、iMovieで編集することは可能です。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代) 比較
 
「Geekbench 5」のスコアを見ると、iPhone SE(第1世代)はシングルコア546、マルチコア1,040と、iPhone SE(第2世代)と大きな差がついています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代) 比較
 
「Antutu」のスコアは、iPhone SE(第1世代)は28,523で、iPhone SE(第2世代)の50,899との差が目立つ結果となりました。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代) 比較
 
iAppleBytesは、iPhone SE(第1世代)について、4K動画エクスポートや大容量ゲームには時間がかかるが、アプリ起動や通常の操作に十分な性能を持っている、とコメントしています。
 

iPhone8との比較

最後に、iPhone SE(第2世代)と多くのパーツを共用するiPhone8との比較です。iPhone8は、2017年に発売され、A11プロセッサと2GBのRAMを搭載するモデルです。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 
電源オフからの起動は、iPhone SE(第1世代)と同様、iPhone8のほうが速いことがわかります。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 
アプリの起動と動作は、YouTubeなどのアプリでiPhone8は画面表示にやや時間がかかり、ゲームアプリの起動でやや差がついたものの、目立った違いはありません。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 
iMovieでの4K動画書き出しにかかる時間は、iPhone SE(第2世代)の39秒に対してiPhone8は40秒と、ほとんど差がつきませんでした。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 

iPhone8の「Geekbench 5」でのベンチマークスコアは、シングルコア938、マルチコア2,179で、iPhone SE(第2世代)のほうが30%以上高くなっています。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 
iPhone8の「Antutu」スコアは38,657で、こちらもiPhone SE(第2世代)のほうが約30%高いスコアとなりました。
 
iPhone SE(第2世代) iPhone8 比較
 
両モデルの比較についてiAppleBytesは、iPhone8とiPhone SE(第2世代)は、一部のアプリ起動時間に差はあるものの、動作速度にも大きな差は見られず、買い替えを急ぐ必要はない、とコメントしています。

比較動画はこちら

iAppleBytesによる比較動画はこちらでご覧ください。
 

iPhone XR、iPhone11との比較動画


 

iPhone SE(第1世代)、iPhone8との比較動画


 
 
Source: iAppleBytes/YouTube (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる