トップページ > 最新情報 > 古いiPhone減速問題の集団訴訟、Appleが約550億円支払い和解へ
2020年3月3日 08時26分

読了まで 217

古いiPhone減速問題の集団訴訟、Appleが約550億円支払い和解へ

iPhone6 iFixit
 
Appleが、旧機種のiPhoneで動作速度を抑制していたことに対する集団訴訟の和解案がまとまりました。和解金は最大5億ドル(約550億円)に達する見込みです。

古いiPhoneの性能低下問題で和解

Appleが以前、バッテリーが古くなったiPhoneの動作速度をユーザーに知らせずに低下させていたことに対する集団訴訟の和解案が2月28日の夜に公開された、とReutersが報じています。
 
和解案では、AppleがiPhone1台につき25ドル(約2,700円)を支払うとされていますが、対象となるiPhoneの台数により変動する可能性があります。和解金の総額は、少なくとも3億1,000万ドル(約340億円)とみられます。

アメリカのiPhoneユーザーが対象

和解金の支払対象となるのは、iOS10.2.1以降のOSが動作するiPhone6、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone SEを所有するアメリカのユーザーと、2017年12月21日以前にiOS11.2以降のインストールされたiPhone7とiPhone7 Plusを所有していたアメリカのユーザーです。
 
ただし、和解内容の確定には、カリフォルニア州の地方裁判所による決定が必要となります。

Appleは急なシャットダウン回避のためと説明

古いiPhoneの動作速度を抑制しているのは、ユーザーにiPhoneを買い替えさせるためだ、とする複数の集団訴訟は、和解金の支払いで解決することとなりそうです。
 
Appleは2017年末に、バッテリー性能が低下したiPhoneの動作速度の上限を引き下げていたことについて、突然のシャットダウンを予防するための対策だった、と説明し、ユーザーに対して十分な説明がなかったことを謝罪しています。
 
Appleは、2018年末までの期間、バッテリーが古くなったiPhoneのユーザーの希望者を対象に、バッテリー交換の料金を引き下げる対応をとっています。
 
iOS11.3では、バッテリーの劣化状態をユーザーが確認可能となっているほか、iOS13では「最適化されたバッテリー充電」機能が追加され、バッテリーの劣化を抑える制御が可能となっています。

仏政府はAppleに約30億円の罰金

2月上旬にフランス政府は同問題で、Appleに対して2,500万ユーロ(約30億円)の罰金の支払いを命じる決定を下しています。

 
 
Source:Reuters
Photo:iFixit
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる