トップページ > iOS > iOS13とiPadOSのバージョン別シェア公開、iPadOSがほぼ倍増
2020年1月29日 13時28分

読了まで 157

iOS13とiPadOSのバージョン別シェア公開、iPadOSがほぼ倍増

iOS13 Apple
 
Appleは現地時間1月27日時点でのiOSとiPadOSのバージョン別シェアを発表しました。最近4年間に発売されたiPhoneでは、iOS13のシェアは77%に達していますが、昨年のiOS12と比べると伸びはやや低調です。

最近4年間のiPhoneでiOS13のシェアは77%

Appleは、開発者向けサポートページで、iOSとiPadOSのバージョン別シェアを公開しました。このデータは、1月27日時点でApp Storeにアクセスした端末のOSバージョンを集計したものです。
 
最近4年間に発売されたiPhoneでは、iOS13のシェアは77%で、2019年10月時点の55%から22ポイント上昇しています。
 
iPhone全体におけるiOS13のシェアは70%で、2019年10月の50%から20%上昇しています。
 
なお、約1年前の2019年1月に公開されたiOS12のバージョン別シェアは、4年以内に発売されたモデルで78%、全体で75%でした。iOS12と比べると、iOS13の普及ペースはやや遅いと言えます。
 
iOS13 シェア 2020年1月
 

iPadOSのシェアは79%、昨年10月からほぼ倍増

最近4年間に発売されたiPadでは、iPadOSのシェアは79%で、2019年10月時点の41%から、倍増に近い伸びを記録しています。
 
iPad全体におけるiPadOSのシェアは57%で、こちらも2019年10月の33%から24ポイント伸びています。
 
iOS13より遅れて公開されたiPadOSは、macOS Catalina搭載のMacと組み合わせてiPadをサブディスプレイにできるSidecarが使えるほか、USBストレージ対応、マルチタスク機能強化などが特徴です。
 
iPadOS シェア 2020年1月
 
 
Source:Apple, MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる