トップページ > 最新情報 > ティム・クックCEO、新作ゲーム制作現場やApple 銀座を訪問後、シンガポールへ
2019年12月11日 13時25分

読了まで 30

ティム・クックCEO、新作ゲーム制作現場やApple 銀座を訪問後、シンガポールへ

テイム・クック ミストウォーカー
 
来日していたAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、著名ゲームクリエイターの坂口博信氏の新作ゲーム制作現場を訪問、Apple 銀座を訪れた後、日本を離れてシンガポールへと向かいました。

クックCEO、Apple Arcadeの新作ゲーム制作現場を訪問

Appleのティム・クックCEOは、Apple Arcadeにゲーム作品を提供しているミストウォーカーの坂口博信氏のもとを訪れ、公開予定の新作ゲーム「ファンタジアン」の制作現場を興味深そうに眺める姿の写真に「素晴らしい!」の日本語をつけてツイートしています。
 


 


 

Apple 銀座でスタッフと記念撮影

クックCEOはその後、アメリカ以外で初のApple StoreであるApple 銀座を訪問し、ストアスタッフの皆さんと一緒の写真とともに「また近いうちに!」とツイートしています。
 


 
クック氏はこの後日本を離れ、日本時間12月11日のお昼過ぎにはシンガポールでiPhoneフォトグラファーたちと、屋台のような場所で食事をともにする写真を投稿しています。
 

3日間の濃厚スケジュール

今回のティム・クックCEOの来日は、12月8日にスタートしました。同日にはApple 表参道でアプリ開発者と再会し、居酒屋で星野源さんと談笑しています。
 
12月9日には慶應大学医学部や共有カレンダーアプリ「TimeTree」の開発企業を訪問、Apple 丸の内で開催されていたセッションにサプライズ登場、12月10日にはサプライヤーの工場を見学、東宝で「シン・ウルトラマン」の樋口真嗣監督と会談などと、3日間で多くの人と会っています。
 
ちなみに、約3年前の前回来日時も、日本滞在は3日間でした。
 
 
Source:Tim Cook/Twitter
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる