トップページ > iPhone11 > iPhone11シリーズの一部で、カメラアプリの画面が真っ黒になる問題の解決方法
2019年10月11日 01時44分

読了まで 217

iPhone11シリーズの一部で、カメラアプリの画面が真っ黒になる問題の解決方法

Apple iPhone11 Pro
 
iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxで、カメラアプリの画面が真っ黒になり撮影できない、という不具合が一部ユーザーから報告されています。この問題の解決策をご紹介します。

iPhone11、iPhone11 Proのカメラアプリが真っ黒に

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxカメラ性能が進化しており、超広角撮影やナイトモード撮影が可能になり、iOS13.2ではDeep Fusionも利用可能になります。
 
しかし、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの一部のユーザーから、カメラアプリを起動すると画面が真っ黒になり撮影できない、という不具合が報告されています。
 
iPhone11 Pro Max カメラアプリ iPhoneHacks
 
海外メディアiPhoneHacksのゴータム・プラブー氏が、カメラアプリの画面が真っ黒になってしまう問題の対処方法をまとめているので、ご紹介します。

 

解決策1:カメラアプリを強制終了

カメラアプリを起動した状態で、画面下端から上に向かってスワイプし、他のアプリのウィンドウが並んで表示されたら、指の動きを止めます。
 
iPhone11 Pro Max カメラアプリ iPhoneHacks
 
そのまま、カメラアプリのウィンドウを上にスワイプすれば、カメラアプリを強制終了できます。
 
カメラアプリを再起動すれば、多くの場合、問題は解決します。

 

解決策2:背面カメラとインカメラを切り替える

もう一つの解決策は、背面カメラとインカメラを切り替え、元に戻す方法です。
 
この方法で問題が解決したユーザーもいるようなので、試してみてください。

旧モデルのiPhoneでも発生

プラブー氏によると、カメラアプリの画面が真っ黒になる問題は旧モデルのiPhoneでも発生しているようです。
 
しかし、iPhoneをバックアップから復元する必要はないはずだ、と同氏は指摘しています。
 
iOSの次回アップデートでカメラアプリの問題が修正されることに期待したいところです。
 
 
Source:iPhoneHacks
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる