トップページ > iPhone > iPhone11シリーズの売れ行き好調で出荷台数見通しを上方修正~アナリスト
2019年9月28日 17時32分

読了まで 211

iPhone11シリーズの売れ行き好調で出荷台数見通しを上方修正~アナリスト

Apple iPhone11 Pro ティム・クック
 
iPhone11シリーズの売れ行きが好調なことを受け、投資会社も予測の見直しを迫られているようです。

出荷台数見通しを上方修正

「サプライチェーンのデータに基けば、iPhone11 Proの発注台数は当初の予定よりも増えるはずだ」と語るのは、投資ファンドTimefolioのポートフォリオ・マネージャー、ナンシー・チャン氏です。同氏はBloombergのインタビューに対し、iPhone11、iPhone11 Pro/Pro Maxの年内出荷台数が7,200万台~7,300万台となり、多くアナリストが予測する7,000万台前後を上回る可能性がある、と指摘しました。
 
予測の上方修正を行っているのは、Timefolioだけではありません。Apple製品の正確な予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏も、当初の6,500万台~7,000万台から7,000万台~7,500万台へと見通しを引き上げています。
 
クオ氏は、米国市場でiPhone11 Pro/Pro Maxが、中国市場でiPhone11が予想以上に売れていると指摘します。またRosenblatt証券も、iPhone11の製造スピードを引き上げるよう、Appleがサプライヤーに指示したと述べています。

サプライヤーの株価も続伸

アナリストの予測を裏付けるかのように、iPhoneに部品を供給するサプライヤーの株価も大きく上昇しています。
 
カメラモジュールを供給するLG Innotekの株価は、iPhone11シリーズ発表翌日の11日から27日までに13.4%上昇、カメラレンズを供給するLargan Precisionの株価も同期間で14.1%上昇しています。
 
発表前にはサプライチェーンから「出荷台数が7,000万台を下回る可能性もある」と危惧する見方も出ていましたが、この株価の上がりようを見ると、そんな懸念もどこ吹く風といったところでしょうか。
 
 
Source:Bloomberg via iMore
(kihachi)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる