Samsung、250ドル分の“お詫び”配布~Galaxy Foldの予約キャンセルで

    samsung galaxy fold

    samsung galaxy fold
     
    Samsungは折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を9月6日に発売しましたが、端末を予約していたユーザーは全員キャンセル扱いになったことが分かりました。

    予約していたユーザー全員に250ドル

    Samsungが9月6日にGalaxy Foldを発売すると公式に発表したのは、9月5日のことです。当初は4月26日に発売が予定されていましたが、耐久性に問題があることが発覚し、一転して発売日未定となっていました。
     
    再度の発売にあたって、Samsungは予約を一律でキャンセルとしました。すでに一部キャリア家電量販店が予約を取り消してはいたものの、Samsungは予約していたユーザー全員にキャンセルを伝える旨のメールを送信しました。メールでは、数週間以内に米国でも発売されることの告知とともに、一律キャンセルした理由について「カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の仕切り直し」と述べています。
     


     
    また予約していたユーザーには、お詫びとして250ドル(約26,500円)のストアクレジットを付与したことも明らかとなっており、1,980ドル(約211,500円)するGalaxy Foldの購入に役立てることができそうです。

    ハイエンド端末の割には控えめな見積もり

    Galaxy Foldは、折りたたんだ状態で4.6インチ、広げた状態では7.3インチのディスプレイ、カメラは計6個、RAMは12GB、内蔵ストレージは512GBと、かなりのハイエンドスペックとなっています。
     
    折りたたみスマートフォンとしては史上初となるGalaxy Foldですが、Samsungは大々的な販売を行うつもりはなく、初期出荷台数が2万台~3万台と控えめに見積もられているようです。
     
    価格の高さもさることながら、折りたためるデザインがスマートフォン市場でどれだけ受容されるかが未知数であることや、9月10日にはiPhone11の発表が控えていることなどが関係していると考えられます。
     
     
    Source:Cult of Mac
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次