トップページ > 最新情報 > ティム・クックCEO、Intelのスマホ向けモデム事業買収について語る
2019年7月31日 17時39分

読了まで 21

ティム・クックCEO、Intelのスマホ向けモデム事業買収について語る

WWDC19 ティム・クックCEO
 
現地時間7月30日に行われたAppleの決算説明会で、ティム・クック最高経営責任者(CEO)がIntelのスマートフォン向けモデム事業買収について言及しました。

Apple史上2位の買収額

Appleは25日、Intelのスマートフォン向けモデム事業を買収すると正式に発表しました。iPhone向け5Gモデムの開発が目的と考えられており、買収額は10億ドル(約1,080億円)、約2,200名のIntel従業員がAppleに移ることとなります。
 
ティム・クックCEOは30日、投資家に向けて今回の買収がApple史上2番目に大きな案件(1位はBeatsの30億ドル=約3,240億円)となったことを明らかにしたうえで、Appleの持つ「17,000以上に及ぶワイヤレス技術特許」を更に拡大し、将来の製品開発を促進させるだろう、との展望を語りました。

内製化を更に推し進める

ティム・クック氏は投資家に向けた説明の中で「我々が作る製品の背後に控える主要技術を所有し、コントロールする」長期的戦略について言及しましたが、今回のIntel買収に限らず、Appleは以前より技術の内製化(自社での製造)を推し進めていることが分かっています。
 
例えば、iPhoneなどのグラフィック処理プロセッサ(GPU)、バッテリーを制御するパワーマネジメント集積回路(PMIC)、次世代ディスプレイのマイクロLEDなど、Appleが自社製造計画を推進している分野は多岐に渡ります。

自社開発モデム搭載はまだ先

Qualcommとの関係がこじれていた頃は早くとも2021年まで待つ必要があると考えられていた5G対応iPhoneですが、著名アナリストのミンチー・クオ氏「Intel買収で得た技術を活用し、Appleは2020年に発売する全iPhoneを5G対応にする」と予測しています。
 
ただし、実際に搭載されるのはQualcommのモデムチップとなり、自社開発のモデム搭載は数年を要するようです。
 
 
Source:9to5Mac
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる