iOS12のバージョン別シェア85%に到達、顧客満足度は97%

    Apple WWDC 19 iOS12 シェア

    Apple WWDC 19 iOS12 シェア
     
    Appleは、現地時間6月3日に開幕した世界開発者会議(WWDC 19)の基調講演において、iOS12のバージョン別シェアが85%に達したことを発表しました。

    最新版iOSのシェアが85%

    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、WWDC 19の基調講演で、iOSのバージョン別シェアを紹介し、最新版のiOS12が85%を占めると発表しました。
     
    また、iOS12は顧客満足度が97%と非常に高いだけでなく、iOS12のバージョン別シェアの伸びは、過去のどのバージョンよりも好調だ、と胸を張りました。
     
    Apple WWDC 19 iOS12 満足度
     
    クックCEOは、「最新バージョンの利用者が多いことは、開発者にもユーザーにも有益です」と、iOSの優位性を強調しています。

    Android最新版「Pie」のシェアは10%

    一方で、2018年8月に公開されたAndroidの最新バージョン「Android 9 Pie」のバージョン別シェアは、10.4%にとどまっています。
     
    Apple WWDC 19 iOS12 シェア
     
    ただし、Googleが公開しているAndroidのバージョン別シェアの最新データは、2018年10月26日時点と半年以上前のものであることは考慮する必要があります。

    直近4年間のデバイスに絞ると87%

    Appleが公開しているバージョン別シェアによると、2019年5月30日時点で、iOS12が85%、iOS11が9%、それ以前のバージョンが6%となっています。
     
    Apple iOS バージョン別 シェア
     
    なお、直近4年間に発売されたiOSデバイスに絞ると、この割合は87%に上昇します。

    1年前のiOS11はシェア81%

    1年前のWWDC 18の時点では、iOS11のバージョン別シェアは81%で、2018年9月のiOS12公開直前で85%だったので、クックCEOの言うように、iOS12のシェアは順調に伸びていることが分かります。
     
    2019年1月1日時点でのiOS12のバージョン別シェアは、全体で75%、直近4年間に発売されたデバイスでは78%でしたので、約5カ月間で10ポイント上昇した計算です。
     
     
    Source:Apple, Google
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次