Appleが開発中と噂のARメガネ「Apple Lens」のコンセプトデザイン

    Apple Lens ADR Studio

    Apple Lens ADR Studio
     
    Appleが開発中で2020年前後に発売されると噂のある、メガネ型の拡張現実(AR)デバイス「Apple Lens」をイメージしたコンセプトデザインが公開されました。

    AR技術に注力するApple、近いうちにARメガネを発売か

    近年のAppleは、AR技術に力を入れており、最新のiPhoneに搭載されたA12プロセッサは、ARに最適化されています。
     
    Apple iPhone XS A12 AR
     
    Appleは2018年にARメガネ用レンズ開発企業を買収しているほか、今年1月に開催されたCES 2019の会場では、昨年に続き、Appleの技術者がAR関連の企業と面談をしていたことも分かっています。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    また、Appleがメガネ型やヘッドセット型ARデバイスを数年のうちに発売する、との予測を、Apple関連情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏や、Appleウォッチャーとして知られるジーン・ミュンスター氏が発表しています。

    iPhoneの画面を拡張、安全運転にも役立つ

    Appleが近い将来に発売するかもしれない「Apple Lens」のコンセプトデザインを、ADR Studio Designが制作し、YouTubeチャンネルConceptsiPhoneが動画にまとめて公開しています。
     
    「Apple Lens」は一見すると、少しフレームが太めのメガネのようです。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    しかし、Apple Lensを介してみると、iPhoneやApple Watchの画面が広がって見えたり、
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    車の運転中には顔を前に向けたままで、ナビゲーションなどの情報を得ることができ、安全運転にも役立ちそうです。
     
    Apple Lens ADR Studio
     

    イメージの共有でビジネスも捗る

    複数人で「Apple Lens」のAR映像を共有すると、デザインなどイメージを扱う仕事も捗りそうです。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    ファッション性を重視した、人気ブランドのコラボモデルも提案されています。
     
    エレガントな高級ブランド、ルイ・ヴィトンモデルはこちら。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    サングラスのレイバンとコラボした、スポーティなモデルはこちらです。
     
    Apple Lens ADR Studio
     

    手のひらでユーザー認証する「Hand ID」

    「Apple Lens」のスペックは、軽くてしなやかなポリカーボネート樹脂製レンズ、空間認識用の4つのカメラ、手のひらをかざしてユーザー認証する「Hand ID」、A13プロセッサなどが想定されています。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    また、ユーザーの「Apple Lens」に見えている内容は他のユーザーに見られない構造で、Appleが重視するプライバシーにも配慮されています。
     
    Apple Lens ADR Studio
     
    AppleはARデバイスの開発について、詳細な計画を明かしていませんが、数年以内の発表が楽しみになる「Apple Lens」のコンセプト動画はこちらでお楽しみください。
     

     
     
    Source:ConceptsiPhone/YouTube, ADR Studio Design
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次