トップページ > 最新情報 > iOS12.2ベータのSafariでは「トラッキングの停止を要求」が削除
2019年2月7日 08時36分

読了まで 210

iOS12.2ベータのSafariでは「トラッキングの停止を要求」が削除

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
現在ベータ2が公開されているiOS12.2ベータにインストールされているSafariブラウザの新バージョンSafari 12.1では、「トラッキングの停止を要求」が削除されていることが、リリースノートから判明しました。

実質的に効力のない「トラッキングの停止を要求」

「トラッキングの停止を要求」は、iOS11で追加された機能です。 一部のWebサイトは、Webサイトを表示する際にユーザーの閲覧動作をトラッキングして、表示内容をユーザーに合わせて調整していますが、この「トラッキングの停止を要求」をオンにすると、Webサイトおよびそのサイトの第三者コンテンツプロバイダ(広告プログラムを含む)に対してトラッキングの停止を求めることができます。
 
しかし「トラッキング停止要求に応じるかどうかはWebサイト側の判断による」ため、実質的にはほとんど効力のない、無意味な機能ということになります。
 
米メディアMacRumorsの公開している画像を見ると、iOS12.2ベータ(左)では、「Ask Websites Not to Track Me(トラッキングの停止を要求)」が削除されていることがわかります。
 

safarisettingsios122-800x859

iOS12.2(ベータ)からは「Ask Websites Not to Track Me(トラッキングの停止を要求)」が削除されている。右はiOS12.1.3

AppleはSafariにITPを実装

またMacRumorsによれば、Safari Technology Previewからも、「トラッキングの停止を要求」が削除されていました。ただし現在開発者向けにベータ2が公開中のmacOS 10.14.4には、まだこの機能は残っています。
 
Appleは「トラッキングの停止を要求」に代わり、サードパーティーのCookieをブロックする、より強固なセキュリティ機能「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」を、Safari 11から実装しています。macOS Mojaveでは、このITPがさらに強化されています。

 
 
Source:MacRumors,Apple
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, iOS  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる