トップページ > iOS > USB制限モード、iOS12ベータ4で強化!USB機器接続時に毎回パスコード要求
2018年7月20日 00時04分

読了まで 27

USB制限モード、iOS12ベータ4で強化!USB機器接続時に毎回パスコード要求

iPhone Lightning AppleInsider
 
開発者向けのiOS12ベータ4では、Lightningポート経由でのデータ通信をブロックする「USB制限モード」が強化されていることが分かりました。USB機器を接続する際は毎回パスコードが要求されます。

iOS11.4.1で採用されたが、弱点のあったUSB制限モード

先日一般向けに公開されたiOS11.4.1では、iPhoneなどiOSデバイスがロックされて1時間以上経過すると、Lightningポートを介したデータ通信が不可能になる「USB制限モード」が標準で有効になっています
 
このため、ロック後1時間以上経過したiPhoneにUSBアクセサリを接続しても、充電はできるものの、データ通信はできない状態になります。
 
しかし、USB制限モードが発動する前の、ロックから1時間以内に一部のUSB機器を接続することでUSB制限モードを回避できてしまう抜け道があることをセキュリティ研究者が明らかにしていました。

iOS12ベータ4ではUSB機器を接続するたびにロック解除が必要

先日開発者向けに公開されたiOS12のベータ4では、LightningポートにUSB機器やコンピュータを接続するたびにパスコードが要求されるように変更されている、と米メディアAppleInsiderが報じています。
 
そのため、iPhoneの持ち主がUSBアクセサリを利用するには、接続するたびにロックを解除する必要があります。
 
なお、ベータ版に採用された機能が、正式版として公開されるまでの間に仕様が変更されるのはよくあることです。そのため、iOS12の正式版でこの仕様が変更される可能性もあります。

AppleはUSB制限モードでユーザーのデータを守る方針

Appleは、ユーザーのデータが不正な手段で盗まれることを防ぐ目的で、iOS12以降はUSB制限モードを標準装備する方針であることを明言しています。
 
AppleがUSB機器によるiOS端末へのアクセスに神経をとがらせているのは、Lightningポートに接続してロック解除を可能にしてしまうGraykeyなどの機器が悪用されることを懸念しているためと考えられます。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる