2018年7月10日 17時11分

読了まで 23

iOS11.4.1のUSB制限モードはUSBアクセサリで簡単に破られてしまう?

iphone x lightning


 
公開されたばかりの.4.1で初めてデフォルトで有効となった、USB機器による端末内のデータへのアクセスをブロックする、USB制限モードですが、サイバー企業の研究者はすでにループホールを見つけたと発表しており、Lightningポートに繋げるUSBアクセサリで、比較的簡単に防御機能をリセットできてしまうことが明らかになりました。

USB制限モード発動前であればリセット可能

サイバーセキュリティ企業ElcomSoftのオレグ・アフォニン氏は、USB制限モードのループホールについて以下のように説明しています:

いくつかの実験を行ったところ、USB制限モードは再起動されるまで持続し、リカバリーモードで復元しても継続する。言い換えれば、一度USB制限モードが発動されてしまえば、それを破る方法はないということだ。
 
判明したのは、iPhoneにこれまで接続されたことのない信用できないUSBアクセサリが接続されたときでも、がUSB制限モードのカウントダウンタイマーをリセットしてしまうことだ。言い換えれば、警察官がiPhoneを押収後、即座にiPhoneと互換性のあるUSBアクセサリを接続すれば、USB制限モードが1時間後に起動されるのを防ぐことができる。

アフォニン氏によれば、USB制限モードを発動を阻止するのは、4,800円(税別)で販売されている純正のLightning – USB 3カメラアダプタでも可能とのことです。
 

lightning usb 3

Apple


 
なお、あらゆるUSBアクセサリでUSB制限モードの発動を抑止できるわけではなく、900円(税別)で販売されているLightning to 3.5mm adapterではうまく動作しなかったことかわかっています。
 
 
Source:ElcomSoft via The Verge
Photo:William Hook
(lexi)
カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる