トップページ > iOS > Apple、iOS12ベータ4を開発者向けに公開!変更点とは?
2018年7月18日 05時28分

読了まで 144

Apple、iOS12ベータ4を開発者向けに公開!変更点とは?

iOS12 プレビュー
 
Appleは現地時間7月17日、世界開発者会議(WWDC 18)で発表したiOS12のベータ4を開発者向けに公開しました。

iOS12ベータ4での変更点と問題点

Appleは今秋正式公開を予定しているiOS12のベータ4をリリースしました。米メディア9to5Macがベータ4で新しくなった点を挙げていますのでご紹介します。

 

ベータ4で変わったところ

  • メッセージに新しい「アクティビティ」ステッカーが追加された。
  • 壁紙に写真を設定する際のバグが修正された。
  • モバイルデータ通信を利用するアプリが、アルファベット順ではなく、データ使用量の多い順に表示されるようになった。
  • 「アクティビティ」アプリのワークアウト向けアイコンが変わった。

 

現時点で判明している問題点

またMacRumorsによれば、ベータ4のリリースノートには以下のような問題点が記されているとのことです。
 
App Storeのアプリが初回はうまくダウンロードできない、iPhone Xの電波強度を示すバーがロック画面やホーム画面では正しく表示されない、アプリの使用時間が管理できる新機能「スクリーンタイム」の使用データと設定が異なるデバイス間で同期できない(再起動で解決するとAppleが案内)、CarPlay使用時に「Siriショートカット」が機能しない、など。

 
 
Source:MacRumors,9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる