トップページ > Mac > Apple、macOS Mojaveが32ビットアプリ対応の最終macOSと発表
2018年6月7日 00時11分

読了まで 148

Apple、macOS Mojaveが32ビットアプリ対応の最終macOSと発表

Apple WWDC 18 「Platforms State of the Union」 macOS Mojave 32ビットアプリ
 
Appleは、現地時間6月4日から開催している世界開発者会議(WWDC 18)のセッション「Platforms State of the Union」で、macOS Mojave32ビットアプリをサポートする最後のmacOSになると発表しました。

macOS Mojaveが32ビットアプリの動作する最後のmacOS

Appleは昨年のWWDC 17で、macOS High Sierraが32ビットアプリを「安全性を犠牲にせず」サポートする最後のmacOSになる、と予告していました。
 
Apple WWDC 18 「Platforms State of the Union」 macOS Mojave 32ビットアプリ
 
今回の発表では、macOS Mojave32ビットアプリに対応する最後のmacOSであることが明確に発表されました。また、QuickTimeなどのフレームワークは32ビット対応を終了することも案内されています。

着々と準備が進められてきたmacOSの64ビット以降

すでに、2018年1月以降にMac App Storeに申請するアプリは64ビット対応であることが必須とされているほか、4月には開発者向けに警告を開始しています。
 
3月末に公開されたmacOS High Sierra 10.13.4では、32ビットアプリを起動するとユーザーに注意が表示されるようになりました。
 
iPhone Maniaでは、Macにインストールされている32ビットアプリをチェックする方法をご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる