トップページ > iOS > iOS 11.2へのアップデート後、一部でFace IDが機能しなくなる不具合発生
2017年12月3日 10時05分

読了まで 20

iOS 11.2へのアップデート後、一部でFace IDが機能しなくなる不具合発生

face id

 

昨日、iPhoneが再起動を繰り返す不具合を修正するiOS 11.2がリリースされました。しかしiOS 11.2でも一部のユーザーで不具合が発生しているようです。

Face IDが機能しない

アメリカのネットメディア9to5Macによると、iOS 11.2へのアップデート後にFace IDが機能しなくなったとの報告が多数あるとしています。全てのiPhone Xユーザーが影響を受けているわけではないものの、ネット上には不具合報告が一定数ありiOS 11.2になんらかの不具合があると予想されます。

 

Apple iPhone X Face ID

 

ただこの不具合の対処法は簡単で、一度iPhoneを再起動すればFace IDが機能しない問題は解決されます。なおiPhone Xの再起動方法はこれまでのiPhoneとは異なり、電源ボタンと音量ボタン(上下どちらか)を長押しすることで電源OFFの画面に変わって、iPhoneの電源を切ることができます。iPhoneの起動は今まで通り、電源ボタン長押しでできます。

不具合の多いiOS 11

iOS 11はリリース直後に問題修正のためにiOS 11.0.1が公開され、その後もiOS 11.0.2iOS 11.0.3iOS 11.1.1iOS 11.1.2と問題を修正するためのアップデートが続きました。そして今回のiOS 11.2も問題修正のために通常のスケジュールを無視しして公開されました。

 

iOS 11.2

 

最近のiOSでこれだけ修正が多いバージョンはあまり記憶にありません。全く不具合のないOSを作り上げるのは不可能なのは確かです。しかしここまで修正が多ければユーザーはiOSのアップデートに慎重になってしまう(古いiOSを使い続ける)可能性もあります。そうなれば新サービスや新機能の普及が遅れ、Appleの機会損失にもつながります。iOSのアップデートに関しては何らかの改善が必要でしょう。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iOS, iPhone X, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる