Apple、Mac向けにmacOS High Sierraをリリース

    macOS High Sierra

    macOS High Sierra
     
    Appleは現地時間9月25日、Mac向けにmacOS High Sierraを正式公開しました。Mac App Storeから直接ダウンロード、またはMac App Storeのソフトウェアアップデート機能経由でダウンロードすることができます。

    ダウンロードする前に確認を

    なおmacOS High Sierraが対応するのは、以下の時期以降のモデルとなります。
     

    • iMac(Late 2009)
    • MacBook(Late 2009)
    • MacBook Air(Late 2010)
    • MacBook Pro(Mid 2010)
    • Mac mini(Mid 2010)
    • Mac Pro(Mid 2010)

     
    アップデートする前に、重要なファイルはバックアップを取るようにしましょう。特に「Office for Mac 2011」はmacOS High Sierraではサポートされないので、アップデートする前に「Office 2016 for Mac」の最新バージョンにアップデートし、かつOfficeのデータのバックアップを取ることを強くお勧めします。

    ファイルシステムがAPFSに、写真アプリ機能が大幅に向上

    macOS High Sierraでは、iOSでは移行済みのApple File System(APFS)が導入されています。APFSはすべてのSSDに対応していますが、FusionドライブとHDDには対応していません
     
    ビデオはこれまでの標準規格であるH.264から、HEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)へと変わり、H.264よりも最大40%高い効率でビデオを圧縮できます。グラフィックスAPIのMetal 2へのアップデートにより、Thunderbolt経由での外部GPUへの接続が可能です。
     
    写真アプリでは新しいサイドバーが常時表示されるので、編集ツールや過去に作成したアルバムへのアクセスが簡単です。コントラストの微調整ができる「カーブ」、色の彩度が高められる「カラーごとの調整」などの新たな編集ツールやフィルタも導入されています。メモリー機能には10以上の新カテゴリーが、Live Photos編集には「ループ」エフェクトが追加されました。

    Safariが高速化、iCloudスペースが共有可能に

    Safariが高速化され、自動再生ビデオの無効化が可能になりました。さらにmacOS High Sierraが搭載するSafari 11は、サードパーティーのCookieをブロックする「インテリジェント・トラッキング・プリベンション(ITP)」機能を標準装備しています。
     
    iCloudはストレージプランが家族で共有可能となったほか、iCloud Driveに保存したすべてのファイルが、リンクひとつで簡単に共有できるようになっています。
     
     
    Source:Apple,MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次