2017年9月2日 02時48分

読了まで 29

「Office for Mac 2011」は最新macOSでサポートされない!

office for mac


 
はサポート文書において、近く正式リリースが見込まれる向け最新OS、macOS 10.13 High Sierraでは、 for Mac 2011がサポートされないことを明らかにしました。

Office for Mac 2011のサポートは10月10日で終了

Microsoftによれば、Office for Mac 2011のWord、Excel、PowerPoint、OutlookおよびLyncはmacOS High Sierraで動作確認されておらず、今後正式なサポートも提供されません。
 
Office for Mac 2011スイートのアプリケーションのサポートは2017年10月10日に終了し、以降はセキュリティアップデートを含む一切のアップデートが行なわれず、サポートも受けることができなくなります。

Office 2016 for Macはまずバージョンを確認

「Office 2016 for Mac」についても、15.34以前のバージョンはmacOS High Sierraでサポートされていないため、一部のOfficeアプリが起動しない可能性があります。たとえばOutlook 2016 ver.15.34を立ち上げようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
 
47c04f29-40fb-4453-8c4b-7fc225f1d426
 
Outlook 2016 ver.15.34またはそれ以前のバージョンを使用している場合、15.35以降にアップデートすることが推奨されています。

Officeのデータは必ずバックアップ

15.35以降のバージョンであれば、基本的にはmacOS High Sierraで動作するようですが、それも100%は保証できないとMicrosoftは警告しています。
 
Office 2016 for Macユーザーは、まず現在使用しているバージョンを確認し、15.34以前のバージョンであれば最新版へアップデートしてください。またmacOS High Sierraにアップデートする前に、Officeで作成したデータのバックアップを必ず取るようにしてください。
 
 
Source:Microsoftサポート文書(英語) via 9to5Mac
Photo:Microsoft
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる