「iOS10.3」のアップデート前に絶対すべきこと

    APFS WWDC2016

    APFS WWDC2016
     
    3月下旬の公開が見込まれるiOS10.3は、Appleの新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」が導入されるため、アップデートはこれまで以上に、慎重に行う必要があります。

     
    【追記】日本時間2017年3月28日未明、iOS10.3の正式版が公開されました

    HFS+からAPFSへ、20年ぶりの世代交代

    iOS10.3にアップデートすることは、iPhoneの中身を大きく作り変えることを意味します。
     
    iOS10.3で導入されるApple File System(APFS)は、2016年のWWDCで発表された、iOSやmacOS、watchOS、tvOS用の次世代ファイルシステムで、フラッシュメモリストレージに最適化され、暗号化が強化されており、安定性や処理速度が向上しています。
     
    APFS WWDC2016
     
    現在のiOSやmacOSで使われているファイルシステムであるHFS+は1998年に発表されており、HFS+からAPFSへ、約20年ぶりの世代交代となります。

    アップデート中断でデータを失う可能性も

    iOSを10.3にアップデートすると、内部のファイルフォーマットがHFS+からAPFSへと自動的に書き換えられます。万が一、アップデートを途中で不用意に中断してしまうと、データが失われ、元に戻せない可能性があります。
     
    そのため、いつもはiOSのアップデートをWi-Fi経由で手軽に済ませる方も、iOS10.3へのアップデートは、パソコンにデータをバックアップした上で、時間に余裕を持って行うことを強くお勧めします。
     
    APFS WWDC2016
     
    ニュースメディアMashableは、大規模アップデートのOS11ではなく、比較的小規模なアップデートであるiOS10.3でAPFSを導入するのは興味深い動きだ、と指摘しています。
     
    なお、iOS11は今年6月のWWDC2017で発表され、一般向け公開は9月になると見込まれます。

    32ビットアプリを警告、「AirPodsを探す」が利用可能となるiOS10.3

    これまでに公開された開発者向けベータ版から、iOS10.3は32ビットアプリを検知すると「iPhoneの動作が遅くなる可能性がある」と警告することが分かっています。
     
    また、アプリ開発者がレビューに対しコメント可能になり、「AirPodsを探す」が利用可能になると報じられています。
     
    iOS10.1ではiPhone7 Plusのポートレートモードが利用可能になり、日本でApple Payが利用可能になりました。iOS10.2では100個以上の絵文字が追加され、スクリーンショットの無音撮影が可能になりました。
     
    これらの変化に比べると、iOS10.3は地味な印象を受けるかもしれませんが、アップデートはしっかりバックアップの上で行いましょう。
     

     
     
    Source:Mashable, Apple
    Photo:YouTube
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次