トップページ > iPhoneの使い方 > iOS12新機能 > 【ショートカット作成】メッセージで定型文を送信するショートカットの作り方
2019年7月6日 12時16分

読了まで 31

【ショートカット作成】メッセージで定型文を送信するショートカットの作り方

メッセージを送信
 
iOS12で追加された「ショートカット」アプリは、よく使う機能やさまざまな操作を自動化して実行させる機能です。
 
メッセージを送信」は決まった文章を決まった相手にワンタップで送信できるショートカットです。いつも連絡をする人に対して、定型文を送信することができます。
 
メールの内容よりも連絡をするという行為自体が重要な場合などに重宝します。
 
この記事では、「メッセージを送信」の作成方法と、設定方法を解説します。

「ショートカット」アプリをダウンロードする

Siriショートカットを作成する
 
ショートカット」アプリは、App Storeで無料で入手できます。まずはアプリを入手しましょう。
 

 

「メッセージを送信」ショートカットを作成する

 

1
「ショートカットを作成」をタップ
メッセージを送信

 

2
「メッセージを送信」をタップ
メッセージを送信

  • 見当たらない場合は、下までスクロールしてみてください
  •  

    3
    「宛先」と「メッセージ」を入力し、「完了」をタップ
    メッセージを送信 メッセージを送信
  • 「実行時に表示」をオフにすると、ショートカットを実行した際にメッセージアプリを開かずに送信することができます。
  •  
    以上の手順で、「メッセージを送信」ショートカットが作成されました。
     
    次に、このままではショートカットの内容がわかりづらいので、ショートカット名を変更します。

    ショートカットの名称を変更する

     

    1
    「名称未設定ショートカット」の「・・・」をタップ
    メッセージを送信

     

    2
    右上の切り替えマークをタップ
    メッセージを送信

     

    3
    名前欄をタップ
    メッセージを送信

     

    4
    新しい名前を入力し、「完了」をタップ
    メッセージを送信

  • ✕マークを押すと、入力済みの名称を消すことができます
  • 「ショートカット」の実行方法

    作成したショートカットを実際に使うために、「メッセージを送信」のショートカットを実行する方法を決めましょう。
     
    ショートカットの実行方法は、大きく分けて3つあります。
     

    ホーム画面にショートカットのアイコンを追加する

    ホーム画面に、アプリと同じような実行用のアイコンを追加して、タップすることでショートカットを起動することができます。
     

  • 【解説】「ショートカット」を実行するアイコンをホーム画面に追加する方法
  •  

    ウィジェットに登録する

    iPhoneのウィジェットにショートカットを登録すると、手早く実行することができます。
     
    またウィジェットに登録したショートカットは、ホーム画面の「ショートカット」アプリのアイコンを3D Touchで押し込むことでも起動できます。
     

  • 【解説】「ショートカット」をウィジェットから実行する方法
  •  

    Siriショートカットを作成する

    「Siriショートカット」を作成すれば、Siriに一声かけるだけでショートカットを実行できます。
     

  • 【解説】Siriショートカットの基本機能・設定
  • 【解説】Siriショートカットの作り方
  • 実際に使ってみよう

    作ってみた「今から帰ります」ショートカットを実行すると、以下の画像のようにメッセージ送信画面に移ります。
     
    メッセージを送信
     
    設定した文章と宛先は入力済みとなっているので、そのまま送信すればOKです。文章や宛先を変更することもできます。
     

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる