トップページ > 最新情報 > 豪当局がSamsungを提訴~耐水性能アピール広告が誤解与える恐れ
2019年7月6日 11時06分

読了まで 21

豪当局がSamsungを提訴~耐水性能アピール広告が誤解与える恐れ

galaxy 水中 広告 耐水
 
Galaxyシリーズの耐水性能を宣伝する広告が、水中で使用しても問題ないかのような誤解を消費者に与えるとして、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)がSamsungの提訴に踏み切りました。

本来は避けるべき使用法なのに

多くのGalaxyシリーズにはIP68等級の耐水性能が施されています。これは「最大水深2メートルで最大30分間の浸水に耐える」ことを意味します。
 
しかし耐水性能を持つからといって、水中での使用が推奨されているわけではなく、仮に水没で故障しても保証請求の対象にはなりません。実際にSamsung自身も「ビーチやプールでの使用は推奨しません」とウェブサイト上で断り書きを掲載していますし、何よりIP68等級で定められた条件と日常の使用環境は異なります。
 
galaxy 水中 広告 耐水
 
にもかかわらず、2016年2月頃からSamsungは、海やプールでGalaxy端末を使用し耐水性能をアピールする広告を積極的に展開するようになった、とACCCは指摘します。ACCCは「Samsungは消費者の関心を集めるため、本来は避けるべき状況下でGalaxy端末を使ってみせた」とし、消費者に誤解を与える宣伝だとしてSamsungを提訴しました。

iPhone XSシリーズもIP68等級

IP68等級の耐水性能はGalaxyシリーズだけでなく、iPhone XSシリーズにも採用されています。
 
数々の耐久実験で知られる有名なYouTuberが、水深約40フィート(約12メートル)にGalaxy Note9とiPhone XS Maxを約1分間浸したところ、正常に動作したのはiPhone XS Maxのみでした。
 
それでも同氏は「実験でiPhone XS Maxが無事でも、Appleが浸水時の動作を保証する訳でも、浸水による故障で新品に交換してくれるわけでもない。耐水性能を過信しないでほしい」と注意喚起しています。
 
 
Source:ACCC,THE VERGE
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる