トップページ > iOS > iOS12のおやすみモードをカレンダーと連携する方法
2018年10月9日 11時28分

読了まで 237

iOS12のおやすみモードをカレンダーと連携する方法

おやすみモードを場所で指定する
 
iOS12では、スケジュールに合わせて「おやすみモード」をON/OFFできる、カレンダーとの連携機能が追加されました。
 
カレンダーに登録してある予定に合わせておやすみモードを設定することが可能になり、「映画が終わるまで」「会議が終わるまで」というように細かくおやすみモードの終了タイミングが設定できます。

そもそも「おやすみモード」って?

おやすみモード」がONになっていると、通知や着信を制限されます。つまり、ガラケーでいう「マナーモード」と同じような働きをします。
 
iOS12以前も、決まった時間におやすみモードを自動でON/OFFする機能はありましたが、これは就寝と起床のタイミングに合わせることが目的のものです。
 
それ以外の予定にあわせて切り替えたい場合は、手動で切り替えるか、いちいち設定を変更しなければいけません。
 

  • 特定の時間はiPhoneの着信音を鳴らさない「おやすみモード」
  •  
    しかしiOS12から、おやすみモードをカレンダーと連携して使うことができるようになり、簡単にON/OFFを時間で切り替えることが可能になりました。

    おやすみモードをカレンダーに登録した予定と連携する

     

    1
    コントロールセンターを開く
    おやすみモードを場所で指定する

  • ホーム画面などで、画面下部から上に向かってスワイプします
  •  

    2
    おやすみモードのアイコンを長押し
    おやすみモードを場所で指定する

  • 三日月の形のアイコンが、おやすみモードのアイコンです
  • 3D Touchを利用して、アイコンを強めに長押しします。反応しない場合は、アイコンを押し込むように長押ししてみてください
  •  

    3
    「このイベントが終了するまで」をタップ
    おやすみモードを場所で指定する おやすみモードを場所で指定する
  • この選択肢は、スケジュールに登録した予定の開始時刻から終了時刻の間のみ、提示されます
  • あらかじめ、スケジュールをカレンダーに登録しておく必要があります
  • スケジュールをタップすると、カレンダーを開いてスケジュールを登録することができます
  • 「カレンダー」アプリで予定を追加する・変更する・削除する
  •  
    これで、指定したスケジュールの間だけ、おやすみモードが適用されます。
     
    スケジュールの予定時刻がすぎれば、自動でおやすみモードも解除されます。
     
    もし、スケジュールが終了する前におやすみモードの設定を解除したい場合は、同じ手順でコントロールセンターを開き、おやすみモードのボタンをもう1度タップしてください。
     
     

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる