トップページ > Apple Watch > Apple Watch Edition「セラミック」製の登場が意味することとは?

読了まで 20

Apple Watch Edition「セラミック」製の登場が意味することとは?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Watch Edition
 

9月16日に発売となるApple Watch Series 2のApple Watch Editionは、ホワイトセラミックをケースに採用しているのが特徴です。Appleはこのセラミックを、将来的にはiPhoneなどにも採用する可能性があることが、特許申請書から明らかになりました。

セラミック・ポリマー合成の特許も取得

現地時間9月8日に米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許申請書によると、Appleは高強度ジルコニア粉末を酸化アルミニウムと混ぜ合わせ、Apple Watchのケースへと圧縮成形するプロセスに関する特許を取得しています。
 
特許情報に詳しいPatently Appleによれば、Appleはこのセラミックとポリマーを合わせて成形する特許も取得しており、Apple Watchのストラップの部品などに、このセラミック・ポリマー合成を採用することを考えているようです。

iPhone8はガラスだけでなくセラミックで覆われる可能性も

この特許申請書で興味深いのは、Apple Watch Editionに用いられたセラミックが、iPhoneなどAppleの他の製品でも使われる可能性が示唆されていることです。
 
Patently Appleによると、申請書ではセラミック採用の可能性がある製品分野として、ラップトップ(MacBook)、バイオメトリックセンサー、ヘルスモニター端末、その他ウェアラブル端末、タブレット(iPad)、そしてスマートフォン(iPhone)が挙げられている模様です。
 
そしてこのようなハイブリッドセラミックは、しばしば不透明なガラスの一種に分類されます。次世代iPhoneは、全面がガラスで覆われるという説が主流となっていますが、もしかするとすべてガラスになるのではなく、一部はこのAppleがいうところの「目の覚めるようなセラミック」で覆われる可能性があります。
 
 
Source:Patently Apple
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる