トップページ > 最新情報 > Oppo、RGBWセンサーや連続光学ズームカメラなどのスマホ向け新カメラ技術を発表
2021年8月20日 09時43分

読了まで 226

Oppo、RGBWセンサーや連続光学ズームカメラなどのスマホ向け新カメラ技術を発表

OppoのFuture Imaging Technology Launch Event


 
Oppoは2021年8月19日に、「Future Imaging Technology Launch Event」と呼ばれるオンラインイベントを開催しました。ここではRGBW センサーや連続光学ズームカメラ、5軸光学手振れ補正などの新しいスマートフォン向けカメラ技術が発表されています。

RGBに加えて白色(W)を加えたRGBWセンサー

Oppoが発表したRGBWセンサーは、スマートフォンのカメラに通常使われる赤(R)、緑(G)、青(B)に、白(W)色のサブピクセルを追加したものです。
 
OppoのRGBWセンサー
 
これにより低光量環境下での撮影画質を向上させることができます。
 
Oppoによると、これまでのRGBセンサーに比べ、光を60%多く取り込むことができ、ノイズを35%低減できたとのことです。
 
また、肌の画質や質感、コントラストを向上させることができ、写真と動画の両方でポートレート撮影時の表現力を高めることができるともしています。
 
このRGBWセンサーは2021年第4四半期(10月~12月)にOppoの製品に搭載される予定です。

3.3倍~7倍をカバーする連続光学ズームカメラと5軸光学手振れ補正

また、Oppo85mm~200mm(35mm換算で3.3倍~7倍)をカバーする連続光学ズームカメラも発表しました。
 
Oppoの連続光学ズームカメラの画像
 
スマートフォンに搭載されるカメラのズーム機能は、倍率が異なるカメラを切り替えて使うものがほとんどで、その中間の倍率が必要な場合はソフトウェアで対応しています。
 
これに対してOppoの連続光学ズームカメラは、一眼レフカメラやミラーレスカメラのように、レンズを動かして85mm~200mmの範囲を連続でカバーすることができます。
 
また、高倍率や低光量の状況では手振れの影響が大きくなりますが、Oppoはそれを補う5軸光学手振れ補正技術も開発しています。
 
これは、水平、垂直方向のシフトブレに加えて、角度ブレや回転ブレを補正できるものであり、従来の光学手振れ補正技術に比べて3倍の効果があるとされています。
 
5軸工学手振れ補正は2022年第1四半期(1月~3月)からOppoの製品に搭載される予定です。

次世代のアンダースクリーンカメラ技術についても詳細を発表

Oppoは2021年8月4日に発表した次世代アンダースクリーンカメラ技術についてもより詳細な内容を発表しました。
 
それによると、各画素回路が画面内の1つの画素のみを駆動することと、Oppoの精密なアルゴリズム補正技術により、画面全体の色度と輝度がより正確に制御され、偏差はわずか約2%、画面の寿命は最大50%改善されるとのことです。

 
 
Source: Oppo via Android Authority
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる