トップページ > iOS > 【注意】iOS9.3はiMessageの脆弱性を修正した重要アップデート!

読了まで 156

【注意】iOS9.3はiMessageの脆弱性を修正した重要アップデート!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple スペシャルイベント

 
公開されたばかりのiOS9.3は、Night Shiftなどの新機能ばかりではなく、iMessageの重大な脆弱性のバグ対策も含まれています。唯一の対策方法はiOS9.3へのアップデートで、早めの適用をお勧めします。

iOS9.3で、iMessageに添付した画像や動画を盗み見られる危険性を修正!

iOS9.3は、以前のバージョンではiMessageで送信した写真や動画が盗み見られる可能性があった脆弱性を修正した、重要なアップデートであることがわかりました。
 
脆弱性を発見したのは、米ジョンズ・ホプキンス大学のコンピュータ科学の専門家、マシュー・D・グリーン教授の研究グループです。
 
この脆弱性を悪用された場合、iMessageで送信した写真などのファイルを盗み見られる危険性があります。
 
グリーン教授のグループは昨年、iMessageに脆弱性があるのではないかと考えて研究を開始、Appleのサーバーを欺いてiMessageで送信されるメディアファイルの暗号化を解除できる脆弱性を発見し、Appleに伝えていました。

危険性回避の唯一の方法はiOS9.3へのアップデート

iOS9.3
 
この危険性を回避するためにできる唯一の方法は、日本でも3月22日早朝から配信が開始されたiOS9.3にアップデートすることです。
 
まだアップデートしていない方は、念のためにiPhoneをバックアップした上で、可能な限り早めにアップデートすることをお勧めします。

FBIとの一件とは関連なし

なお、今回対策された脆弱性は、AppleにFBIが求めていた暗号化解除とは関係がなく、FBIが突然、公聴会の延期を申し出たこととも無関係のようです。
 
 
Source:The Washington Post via iDownloadBlog
(hato)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる