トップページ > 最新情報 > Apple、今度は「5.8インチ」型iPhoneを発売との「噂」

読了まで 156

Apple、今度は「5.8インチ」型iPhoneを発売との「噂」

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone-6s
 
Appleが早ければ2017年、もしくは2018年に、現在の5.5インチiPhone6/6s Plusよりもさらに大きな5.8インチディスプレイを搭載したiPhoneの発売を計画しているとの噂が流れています。

OLEDディスプレイの主要サプライヤーはサムスン

The Motley Foolが台湾DigiTimesの発行前の版から得た情報によると、5.8インチ型iPhoneは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する模様です。OLEDディスプレイについては、Appleが自社製品向けに独自に開発するようになるとの噂も報じられています。
 
DigiTimesによれば、iPhone向けOLEDディスプレイの主要サプライヤーはサムスンであり、LGとジャパンディスプレイもあとからサプライヤーに加わる予定とのことです。サムスンが2018年発売予定のiPhone8向けのOLEDディスプレイの主要サプライヤーにほぼ決定し、製造設備に最大約9,000億円を投資する計画があるという情報は以前お伝えしました。
 
OLEDディスプレイについては、ジャパンディスプレイも2018年から量産を開始する計画を公式に発表しています。

iPhone7 Plusは2モデルに?

Apple情報に詳しいKGI証券のMing-Chi Kuo氏は、今年発売のiPhone7 Plusが、単一レンズのカメラを搭載したモデルとデュアルレンズ搭載モデルの2種類となる可能性を示唆しています。またデュアルレンズ搭載機については「iPhone Pro」と命名されるとの噂も流れています。
 
もしも冒頭の噂が事実なら、このデュアルレンズ搭載の「iPhone Pro」が、5.8インチ型になるのかもしれません。
 
 
Source:The Motley Fool via MacRumors
(lunatic)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる