トップページ > 最新情報 > iPhoneの「i」にはどういう意味があったのか?その答えは98年のプレゼンにあった!

読了まで 28

iPhoneの「i」にはどういう意味があったのか?その答えは98年のプレゼンにあった!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s
 
今更ですが、iPhoneの「i」は何を表した頭文字かご存知でしょうか。知っている人は知っている、知らない人は知らない……そんな秘密がこのところ改めて話題となっているので紹介したいと思います。

「i」はiMacから使われるようになった

iMac、iPod、iTunes、iPhone、iPad……アップルの製品であれば大体冒頭に「i」が付いているせいか、しばしばApple Watchまで「iWatch」と勘違いするユーザーに巡り会うことは、アップルファンなら少なからず経験したことがあるかと思います。しかし、この「i」は一体何を表しているのでしょうか。その秘密は、初めてiMacが登場した98年のお披露目会にあります。
 
iMacの紹介イベントでは、「iMacはInternetの興奮とMacintoshのシンプルさの『結婚』から来ている」とスティーブ・ジョブズ氏自身が述べ、インターネットがシンプルに、そして素早く繋がるコンピュータが欲しいという消費者の要望を叶える製品こそiMacであることと明かしています。このことから当時のジョブズ氏にとって、「i」とはまずインターネットのことを指していたと思われます。
 
iphone i 意味
 
さらに同氏は、インターネット以外にも
 

    ・Individual:個人的な
    ・Instruct:導いてくれる
    ・Inform:知らせてくれる
    ・Inspire:ひらめかせてくれる

 
の頭文字からも採っていると語っています。事実、iPodはiPod Touchが出るまで直接インターネットに繋がる仕様ではなかったので、「i」にこのような複数の意味が込められているという事実はしっくり来ますね。ニュースサイトMashableは、インターネットとしての「i」が復権を果たしたのは、2007年のiPhoneからだとしています。
 
Apple WatchやApple TV、Apple Car(仮称)など、現在のアップルは以前ほど「i」を使いたがらない傾向にありますが、こうして背景を探ってみると、仮にどのような名称となっても「i」に込められた意図自体は、しっかりと今も受け継がれていると言えるのではないでしょうか。
 

 
 
Source:Mashable
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top