EU圏内でWebアプリ禁止?iOS17.4が引き起こす波紋

    Safari

    Safari
     
    欧州連合(EU)内において、iOS17.4ベータでプログレッシブWebアプリ(PWA)これまでのように動作しなくなったと報告されています。PWAとは、厳密に言えばWebサイトでありながらアプリのような性能を兼ね揃えており、App Storeを介さずにアプリ体験をユーザーにもたらす方法の一つととなっていましたが、EU圏内で今後使用不可となるかもしれません。
     

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. iOS17.4からEU内でプログレッシブWebアプリが使用できなくなっていると報告。
    2. 仕様変更はデジタル市場法に関係している可能性が高い。
    3. 今後、WebアプリがEU内で使用不可になるかもしれない。

    デジタル市場法と関係か

    iOS17.4ベータ2から、PWAを開こうとすると「これからはあなたのデフォルトブラウザで開かれます」とのメッセージが表示されるようになり、これまでWebアプリ上に保存されていたすべてのデータが消去され、またプッシュ通知も使用不可になっているとのことです。
     
    この変更は、欧州のデジタル市場法(DMA)と関係している可能性が非常に高いとみられています。DMAではiOS、Safari、App Storeの3つのサービスが独占的であると判断されており、Appleは仕様変更を迫られています。
     
    iOSでSafari以外のブラウザをデフォルトとして設定できるようにしたり、またWebKit以外のブラウザエンジンの使用をサードパーティーブラウザに認めたりと、Appleは規制準拠のための策を講じていますが、この過程でPWAのサポート体制に変更がもたらされたようです。

    PWAの時代は終わったのか?

    iOSのPWAとして身近なものにGeForce NOWXbox Cloud Gamingなどがありますが、今後EU圏内ではこれらのWebアプリは使用不可となるのでしょうか?
     
    EUではアプリのサイドローディングが認められるようになり、またストリーミングゲームアプリが解禁となったこともあり、NVIDIAやMicrosoftは正式なアプリとしてサービスを提供できるようになりますが、中にはPWAという形式を好む開発者も一部存在すると予想されます。
     
    これからEU内のPWAについてAppleによってどのような対応が行われるのかに注目が集まっています。
     
     
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次