iPhone15 Proシリーズ向けディスプレイ製造工程で問題発生〜初期出荷数減少?

iPhone15 Pro BOB

iPhone15 Pro BOB
 
iPhone15 Proシリーズ向け有機EL(OLED)ディスプレイ製造工程で問題が発生していることで、発売直後は極端な品薄になる可能性があると、The informationが伝えました。
 
iPhone15 Proシリーズ向けOLEDディスプレイの製造上の問題はLG Displayで発生しているようで、現在、不具合の解消に取り組んでいる模様です。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone15 Proシリーズ向けOLEDディスプレイの製造工程で、問題が発生している。
2. OLEDディスプレイの供給数不足により、iPhone15 Proシリーズの初期出荷台数は少ない可能性がある。
3. iPhone15シリーズ向けイメージセンサー不足の懸念は、解消されたと伝えている。

LG Display製OLEDディスプレイに不具合

この問題は、LG Displayが製造したiPhone15 Proシリーズ向けOLEDディスプレイを用いてFoxconnが製造試験を行っている際に発見されたようです。
 
The Informationによれば、LG Display製OLEDディスプレイは、低圧射出オーバーモールディング(LIPO:Low Injection Pressure Overmolding)と呼ばれる新しい工程を経た後の信頼性テストに合格できなかったとのことです。
 
この状況を受け、LG Displayはテストに合格できるよう製造工程の調整に取り組んでいると、The Informationは述べています。

イメージセンサー供給不足懸念は解消されたと報道

iPhone15シリーズでは、ソニー製イメージセンサーの供給不足が懸念されていましたが、その不安は解消されたとWccftechが伝えています。
 
iPhone15シリーズ年内の出荷台数は同時期のiPhone14シリーズを上回ると期待されていただけに、iPhone15 Proシリーズで供給不足が発生すればAppleにとって痛手となります。
 
 
Source:The Information via MacRumor,Wccftech
Photo:BeOwnBoss(@HeisChiggy)/Twitter
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次