iPhone15シリーズ用ディスプレイパネルの出荷が順調〜14用は出荷枚数減少と報告

iPhone15 Pro AH 0504

iPhone15 Pro AH 0504
 
DSCCが、iPhone15シリーズ用ディスプレイパネルの出荷状況と、iPhone14シリーズ用ディスプレイパネルの出荷枚数について報告しています。
 
iPhone15シリーズ用ディスプレイパネルは、6月から7月にかけて出荷枚数が順調に増えるとDSCCは予測しています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone15シリーズ用有機ELディスプレイの出荷が順調。
2. iPhone15シリーズの完成品の在庫積み上げが、来月から行われる見通し。
3. iPhone14シリーズ用ディスプレイパネルの出荷枚数が、前月よりも22%減少した。

iPhone15シリーズ用ディスプレイパネルの出荷が順調

iPhone15シリーズの量産は既に始まっており、来月に向けてサプライヤー各社は完成品の在庫積み上げを目指しているとみられています。
 
それに向けて、iPhone15シリーズの基幹部品である有機ELディスプレイも順調に出荷されているとDSCCは述べています。

iPhone14の出荷台数がiPhone14 Proを上回った模様

現行モデルについてDSCCは、2023年6月のiPhone14シリーズ用ディスプレイパネルの出荷枚数は、前月よりも22%減少したと述べています。
 
iPhone14シリーズ用ディスプレイパネルの、発売からこれまでのモデル別出荷枚数割合についてDSCCは、iPhone14 Pro Max用が34%、iPhone14用が30%、iPhone14 Pro用が27%、iPhone14 Plus用が10%になっていると報告しています。
 
iPhone14の販売台数が増加しており、iPhone14 Proを上回ったことが別のソースから報告されていました。
 
 
Source:DSCC
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次