iPhone15シリーズがUSB4採用でデータ通信速度40Gbps実現?部品発注と噂

    iPhone15 Pro AH 0512_1200

    iPhone15 Pro AH 0512_1200
     
    AppleがiPhone15シリーズの外部接続端子をUSB-Cに変更、USB4関連部品をサプライヤーに発注したと台湾メディア聯合新聞網が報じました。
     
    iPhone15シリーズUSB4に対応した場合、データ通信速度は40Gbpsが実現する可能性があります。
     
    iPhone Maniaでは、iPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズに関する最新の噂や予想を下記記事にまとめ、随時更新しています。
     
    iPhone15/15 Proはいつ発表?新機能やスペックなど噂まとめ

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. AppleがiPhone15シリーズの外部接続端子をUSB-Cに変更したと報じられた。
    2. USB4関連部品をサプライヤーに発注したと台湾メディア聯合新聞網が報じた。
    3. 15シリーズがUSB4に対応した場合、データ通信速度は40Gbpsが実現する可能性がある。

    将来的に、USB4 Version 2.0に対応か

    聯合新聞網によれば、AppleはiPhone15シリーズ用のUSB4リタイマーをParade Technologiesに発注したとのことです。
     
    iPhone15シリーズがUSB4に対応した場合、データ通信速度が40Gbpsに向上する見通しです。
     
    また、Appleは将来のiPhoneにおいてUSB4 Version 2.0に対応させることを計画しており、実現した場合はデータ通信速度が80Gbpsに達すると、聯合新聞網は述べています。
     
    アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone15シリーズは全モデルがUSB-C端子を採用するが、規格はモデルごとに異なり、iPhone15 ProとiPhone15 Pro MaxがUSB 3.2もしくはThunderbolt 3に対応、iPhone15とiPhone15 PlusはUSB 2.0にしか対応しないと予想していました。
     
    クオ氏の予想と異なり、iPhone15シリーズの全モデルがUSB4に対応するのか、続報が待たれます。

    MFi認証USB-C端子の導入を断念か

    CnBetaは、AppleはiPhone15シリーズUSB-C端子にMFi認証を導入することを断念欧州連合(EU)の懸念を解消するとの予想を伝えています。
     
     
    Source:聯合新聞網,CnBeta
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次