Appleのティム・クックCEO、ChatGPTは「非常に興味深い」とコメント

    AppleEvent 2022年3月 ティム・クックCEO

    Apple ティム・クックCEO 2022年3月 AppleEvent
     
    Appleの四半期決算説明会で同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は、ChatGPTを含める人工知能の可能性は「非常に興味深い」としながらも、この技術には「整理しなければならない多くの問題」があり、人工知能の利用方法については「意図的かつ思慮深くあることが非常に重要」だと指摘しました。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Appleのティム・クックCEOは、ChatGPTを含める人工知能の可能性は「非常に興味深い」とコメント。
    2. 人工知能の利用方法については「意図的かつ思慮深くあることが非常に重要」と指摘。
    3. Apple WatchのECGアプリといった機能に統合されているとのこと。

    Appleもいくつかの機能に人工知能と機械学習を統合

    クックCEOによれば、転倒検出衝突検出Apple WatchのECGアプリといった機能に人工知能と機械学習が統合されているとのことです。
     
    そして今後も、「思慮深く」人工知能を製品に織り込んでいくだろう、と同氏は付け加えました。

    音声アシスタントでは遅れをとっているApple

    Appleも生成系AI(ジェネレーティブAI)のコンセプトを検証しており、将来的にSiriに搭載される可能性があると3月に伝えられましたが、Appleは他の大手テック企業に比べて音声アシスタントで遅れをとっていることで知られています。
     
    昨年末に人気のテック系YouTuberが行った音声アシスタントの格付けでは、Siriは最下位を免れたものの、フォローアップの質問に答えられないことなどがあだとなり、上位にランクインすることはできませんでした。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次