2022年12月27日 10時13分

読了まで 25

Siri、音声アシスタントの能力テストで最下位を回避

siri


 
人気のテック系YouTuberマーケス・ブラウンリー氏が行ったSiriと競合他社4つとのテストで、Siriは最下位を免れました。

複数のタイマー設定ができないSiri

今回のテストは、ブラウンリー氏が2017年に行った同様のテストの続編にあたるものです。5年経過した今でも、アシスタントがトップとなっており、のAlexaはワースト1位となっています。
 
ブラウンリー氏のテストにおいて、Siriが最高の音声アシスタントになるのを妨げたのは、タイマーフォローアップの質問だったようです。
 
HomePodや WatchのSiriは複数のタイマーを設定することができますが、iPhoneのSiriはいまだに1つのタイマーしか扱うことができません。今の時代、スマートフォンの音声操作で複数のタイマーを動かせるのは常識であるとのことです。
 
スピードに関してはSiriの評価は高く、Googleアシスタントと拮抗しましたが、のBixbyとAlexaではタイムラグが発生しました。

フォローアップの質問でBixbyとAlexaは苦戦

4つの音声アシスタントはすべて、単体の質問に答えることには秀でていますが、続けて会話形式で質問した場合、BixbyとAlexaはかなりの苦戦を強いられています。ブラウンリー氏のテストでは、Googleアシスタントのほうが、Siriよりも長い文脈を理解できています。

デバイスコントロールはGoogleが上手

デバイスコントロールでは、Siriは劣勢に立たされます。GoogleアシスタントとSamsung Bixbyは音声録音を開始したり、Netflixで特定の番組を再生したりすることができますが、Siriは単にアプリを起動するだけにとどまっています。
 
特に自撮りを頼んだとき、その違いは顕著に現われます。Googleアシスタントはカメラアプリを起動し、自撮りカメラに切り替え、カウントダウンを開始して写真を撮ってくれますが、Siriはカメラを起動するのみとなっています。
 

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : Apple, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる