AppleのMRヘッドセットの商標取得が進んでいない?中国企業がxrOS商標を申請

    apple-ar-headset-concept-1


     
    Appleが、現地時間2023年6月5日より開催する世界開発者会議(WWDC23)で発表するとの噂のある、同社初の複合現実(MR)ヘッドセットについて、商標の取得が進んでいないことをパーカー・オルトラーニ氏(@ParkerOrtolani)が発見、Twitterで報告しています。

    Reality ProやrealityOSの商標申請は停止状態

    Appleが開発中のMRヘッドセットは「Reality Pro」「Reality One」と命名され、「realityOS」「xrOS」という専用OSを搭載すると報じられてきました。
     
    しかしオルトラーニ氏によると、Reality Pro、Reality One、そしてReality Processorの商標申請プロセスは、2022年8月に止まったままで先に進んでいないようです。
     


     
    また同氏がTwitterで共有している画像によると、realityOSの商標申請プロセスも、2023年3月中旬に止まっています。
     

    中国企業がxrOSの商標を申請中

    さらにオルトラーニ氏は、中国・深センを拠点とするShenzhen Let There Be Light Technology Co., Ltd.という企業が、仮想現実、拡張現実、コンピューター、バッテリー、ウェアラブルテックの分野において、2023年1月に「xrOS」の商標を申請していることを発見したと報告しています。
     

     
     
    Source:Parker Ortolani/Twitter
    Photo:Ian Zelbo/MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次