AppleのARヘッドセットのOSの名称は「realityOS」で決定か?

    realityos

    realityos
     
    Appleが公開するオープンソースコードの中に「realityOS」プラットフォームとの記載が見つかり、今年発表される可能性が高いとされる拡張現実(AR)ヘッドセットのOSの名称が確定した可能性が浮上しました。

    Appleはすでに商標も取得済み

    開発者のアーロン氏(@aaronp613)は、GitHub上に公開されているAppleのオープンソースソフトウェアのコードの中に「realityOS」の表記がある、と証拠画像を投稿しました。
     


     
    Appleは米国商標特許庁(USPTO)で「realityOS」の商標を取得済みで、realityOSが正式名称となってもまったくおかしくありません。

    「xrOS」で確定したとの報道も

    しかしながら、Bloombergは一度Appleのヘッドセットのプラットフォーム名は「xrOS」で確定したと報じていますが、AppleはrealityOSとxrOSの両方のOSを開発しているとの噂もあり、必ずしも今回の情報と食い違っているとも言えません。

    ARヘッドセットはどのようなものになる?

    Appleは現在3つの異なるタイプのAR/VRヘッドセットの開発を進めているとされていますが、6月の世界開発者会議(WWDC)で発表されるとみられているのはゴーグル型で価格も高めの最初期のモデルであると報じられています。
     
    Appleは薄型のメガネのようなタイプのARヘッドセットの開発も行っていますが、これが市場に出るまでにはまだ数年以上を要するとされています。
     
    最初のARヘッドセットの価格は3,000ドル(約40万円)ほどになるとされており、大衆向けというよりも一部のコアなファンや研究者のためという位置づけになりそうです。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Dominik Hofacker/Behance
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次