Apple、世界開発者会議(WWDC23)を6月5日に基調講演で開幕

    wwdc23

    wwdc23
     
    Appleは今年の世界開発者会議(WWDC23)を、現地時間2023年6月5日(日本時間6月6日)に、基調講演で開幕すると発表しました。
     
    WWDC23はオンライン形式で6月5日から9日(日本時間6月6日から10日)まで開催され、開発者は全員無料で参加することができます。

    次期OSが披露されるWWDC23

    WWDC23では、今年後半にリリースされる次期iOS、iPadOS、watchOS、macOS、tvOSなどが初めて披露されます。
     

    基調講演とPlatforms State of the Unionのプレゼンテーションのほか、今年のオンラインプログラムでは、セッション、1対1のラボ、Appleのエンジニアやほかの開発者と交流する機会などが提供されます。

    初日にはApple Parkで対面でのイベントも開催

    なお開発者と学生には、初日である6月5日(日本時間6月6日)にApple Parkで開催されるスペシャルデーに参加して、世界中のオンラインで視聴する人々と一緒に基調講演とPlatforms State of the Unionを視聴する機会も用意されます。この対面イベントはスペースに制限があるため、参加の申し込みに関する詳細はApple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリケーションを参照してください。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次