iPhone15 Proの感圧式ボタン、コスト高なのに搭載する理由は使い勝手向上か

    iPhone15 Pro Haptic feedback

    iPhone15 Pro Haptic feedback
     
    AppleはiPhone15 Proシリーズのサイドボタンと音量ボタン、サウンドオン/オフスイッチ(通称ミュートボタン)は物理式からTaptic Engineを利用した感圧式ボタンに変更されるとみられています。
     
    Taptic Engineを左右2つづつ搭載することでコスト高になるにも関わらず、AppleがiPhone15 Proシリーズにそれを採用する理由は何でしょうか?その理由をMacworldが推察しています。
     
    iPhone Maniaでは、iPhone15シリーズに関する噂をまとめ記事にて随時発信しています。予想販売価格やスペックなどの情報は、下記の記事にてご確認下さい。
     
    iPhone15/15 Proシリーズはこうなる!?最新の噂まとめ

    感圧式ボタンへの機能割当をソフトウェアで制御か

    コスト高になってもAppleがiPhone15 Proシリーズ感圧式ボタンを採用するのは、1つのボタンに複数の機能を割り当てることによる使い勝手の向上が目的と予想しています。
     
    実際、Appleはそのことを示唆する特許を出願済みでした。
     
    Macworldは、AppleはiPhone15 Proシリーズ感圧式ボタンに、「1回タップする」「2回タップする」「強く押す」など複数の機能を割り当てることが考えられると述べています。
     
    また、感圧式ボタンに変更されるミュートボタンは、現行のオン/オフ切り替え型よりも操作しやすいという点も指摘しています。
     
    これらは参考例ですが、Appleはソフトウェアの設定にてこれらのボタンに多数の機能を割り当てられると考えられます。
     
     
    Source:Maccworld
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次