Apple、iPhone14 Proで撮影された短編映画「Fursat」を公開

    Fursat

    Fursat
     
    Appleは日本時間2月3日、iPhone14 Proで撮影された「Shot on iPhone」シリーズの最新動画「Fursat」を公開しました。Fursatは30分間の短編映画で、ヴィシャール・バルドワージ氏が監督を務めています。

    Apple、「Shot on iPhone」シリーズの最新動画を公開

    この作品は、iPhone14 Proで撮影されていますが、いくつかのアクセサリーとソフトウェアが使用され、専門家による編集が加えられているということです。
     
    Appleは、この動画について次のように説明しています。
     

    ヴィシャール・バルドワージ監督がiPhone14 Proで撮影した「Fursat」は、未来を支配することに執着するあまり、今最も大切にしているものを失う危険にさらされた男の不思議な物語です。

     
    バルドワージ氏は、数々の受賞歴を誇る監督、プロデューサー、そして脚本家です。この作品の主演は、インドの映画やテレビ番組に出演するスター、ワミカ・ガビとイシャーン・カターが務めています。
     

    「Shot on iPhone」シリーズについて

    Appleはこれまでに、iPhoneを使って撮影された「Shot on iPhone」の動画を数多く投稿しており、最近ではiPhone14 Proで撮影した中国の春節を祝う動画「五つの峠を超えて(Through the Five Passes)」を公開しています。
     
    同社の公式YouTubeでは、iPhone7iPhone XSiPhone XS MaxiPhone11 ProiPhone12 ProiPhone13 Proなど歴代iPhoneで撮影された「Shot on iPhone」の動画を視聴することができるので、興味のある方はご覧になってみてください(一部、削除されている動画もあります)。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple/YouTube
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次