Apple M3製造開始に向けた動き?FC-BGAサプライヤーが新工場建設

M3 Macbook air imac

M3 Macbook air imac
 
Apple M3TSMCの最新プロセスである3nmで製造、今年後半に発売されると噂されていますが、同Appleシリコン用のフリップ・チップ・ボール・グリッド・アレイ(FC-BGA)を供給する可能性のあるサプライヤーが、今年後半の稼働開始を目指し新工場の建設を開始しました。
 
これは、Apple M3量産開始に向けた動きの可能性があります。

日本のサプライヤーを尻目に取引額が増加するLG Innotek

FC-BGAの製造工場建設を始めたのは、ペリスコープレンズ搭載望遠カメラや、フロントカメラの供給などを通じてAppleとの取り引きが拡大する見込みと、このところ話題にのぼることが多いLG Innotekです。
 
対して、これまではそれら主要部品を供給していた日本のサプライヤー供給割合低下高単価部品の受注失敗なども聞こえてきます。

次世代Apple Mシリーズ向け、今年後半に稼働開始

LG Innotekの新工場で製造されるのは次世代Apple Mシリーズ用のFC-BGAで、工場の稼働開始時期が今年後半という点から考えても、導入されるのはApple M3の可能性が高そうです。
 
 
Source:The Elec via Patently Apple
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次