2023年1月18日 11時47分

読了まで 253

Tweetbotなどのサードパーティー製アプリに対する新ルール判明!?遵守意向を表明

Twitter error 0113_iM_2


 
Twitterが、「長年運用してきたAPIルールが適用されただけ」とコメント、サードパーティー製Twitterアプリを排除している件に関し各の開発企業などが、「これまで10年以上APIルールを遵守してきた」とし、新ルールの明確化を求めています。
 
The Vergeは、新しいAPIへの対応を6カ月以内に行うことが求められると、その内容を報じています

サードパーティー製Twitterアプリ開発者、APIルールへの対応方針表明

サードパーティー製Twitterアプリでアクセスできない問題は、2023年1月12日午後7時30分(太平洋標準時、日本時間では1月13日午後0時30分)に発生、週末を通じてTwitterは沈黙を続けていましたが、この度、アクセスできないのはそれらのアプリがAPIルールに適合していないからと、理由を説明しました。
 
これに対し各アプリの開発企業は、長年APIルールを遵守してきたが今回のような遮断措置は無かったこと、新ルールが明確化されればそれを受け入れる意向を示しています。
 
しかし、現時点で新ルール自体不明とのことです。Twitterによる排除理由がお題目通りであれば、こうした製アプリ開発企業に新ルールが明確化されることが期待されていました。

新しいAPIルールの詳細を報道

これに対しThe Vergeは、新しいAPIルールの詳細を報じています。同メディアによれば、サードパーティー製アプリ開発企業は今後、下記のような対応が必要になるようです。
 

  • サードパーティー製アプリは、新しいAPIへの対応について6カ月の猶予期間が設けられる
  • アプリ開発者は、(APIルールに準拠しているか)公開前に事前に承諾を得る必要がある
  • 現時点で動作中のアプリは使用可能だが、「ユーザートークン」が現在の2倍になると、新しいAPIルールの適用対象となる
  • サードパーティー製Twitterアプリの利用者が制限数を上回った場合、開発者もしくは開発企業はTwitterと協議する必要がある

 
サードパーティー製Twitterアプリの利用者が制限数を上回った場合の措置についてThe Vergeは、規定数以上のユーザーは利用できなくなるだろうと述べています。
 
この予想が正しければ、Twitterはアプリ開発企業と契約したユーザー数を上回った場合、ユーザー数に応じた追加料金の支払いを要求する、もしくはこの機会にそうした契約に更新することも考えられます。
 
また、現時点でも使用可能な小規模のサードパーティー製アプリがありますが、こうしたものもユーザー数が増加した場合、遮断される可能性が高そうです。
 


 


 
 
Source:The Verge
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる